ウォーキングと美味しいもの

歩いた街と美味しいものやお酒に関する日記

伊豆高原「ぐり茶のソフトクリーム」



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20140818160930j:plain
城ヶ崎に来た。道の途中にあった「ぐり茶の杉山 伊豆高原店」。「ぐり茶」というのは聞いたことがあったけど、改めて調べてみると
杉山のぐり茶は、生葉をじっくり時間をかけて茶葉の芯まで蒸す、「深蒸し茶製法」です。通常の煎茶との違いは荒茶製造工程で茶葉の形を整える精揉という工程がないのが特徴で、その結果、生葉を傷めず茶の成分が浸出し易く、渋みを抑えて茶本来の味を引き出すことが出来ます。 ぐり茶の「ぐり」とは、堆朱(ついしゅ)等の模様の唐草または渦のような形(茶葉がよじれている形)の称から付けられました。正式名称では蒸し製玉緑茶と言います。(http://www.guricha.co.jp/contents/guricha.html
何で精柔をしないかと言いますと、茶の旨味を逃がすのがもったいないからです(笑)ぐり茶の正式名称は「玉緑茶」と呼ばれ、「蒸し製玉緑茶」と「釜炒り製玉緑茶」に分類分けされます。弊社のぐり茶は「蒸し製玉緑茶」の部類になります。玉緑茶の発祥は、中国から伝来した「釜炒り茶」が元で、改良に改良を重ね今日に至ります。また、ぐり茶は明治の頃から輸出用のお茶として主にロシアに出荷されていた歴史もあります。(よくある質問|伊豆の香り ぐり茶の杉山
という独自の製法で作られた伊豆名物のお茶らしい。茶葉の形を整えないから「ぐりっ」とした形になっている、っていうのが由来とのこと。お店に寄ってみると本店と伊豆高原店の直営店限定で販売しているという無添加ソフトクリームがあったので、買ってみた。お茶をソフトクリーム自体に練り込むのではなく、パウダーとして上から振りかけるというのが新鮮。お茶屋さんならではのこだわりのよう。混ぜながら食べるといいと聞いて、食べてみる。なかなかおいしいかも。北海道直送、搾りたてというクリームは結構牛乳の濃さを感じるけど意外とさっぱりしていて、それによってお茶の風味がすごくしっかりしてる。甘すぎないので大人向けのソフトクリームかな。これは良い。
 
途中、伊豆海洋公園にも寄った。海がとても綺麗だった。
f:id:s06216to:20140818161006j:plain
f:id:s06216to:20140818161032j:plain