ウォーキングと美味しいもの

歩いた街と美味しいもののメモ。

鎌倉「左可井」の穴子丼



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20140823153525j:plain
実家にいるのも最終日。何を食べるかなあ、と思ってふと頭に浮かんだ「左可井」の穴子丼。報国寺浄妙寺のすぐ近くにあり、今まで行こうと思っていたけど行けてなかったお店。午後遅めに行ってみたのにも関わらず店内は満席。さすがの人気。しばらく待って穴子丼のセットを注文。念願の穴子丼。食べてみた印象は「さっぱりとした、うなぎ」という感じ。うなぎと穴子の違いについて調べてみると、

食品としてみた場合の違いは、アナゴの脂質含有量はウナギの半分程度であることです。 (農林水産省

とのこと。違いは脂が多いか少ないかだけ、というのを知りやっぱり、さっぱりしたうなぎで合っていたんだと納得。 ただ、脂が少ないからといって美味しくないわけではなく、さっぱりしている分、とても食べやすく一気に食べきってしまった。身が柔らかくうまい。タレも良かった。値段もうなぎと比べて安いというのも嬉しいところ。報国寺や浄妙寺に行く際にはまた寄りたいと思う。