ウォーキングと美味しいもの

歩いた街と美味しいものやお酒に関する日記

隠れ家感のある神楽坂「牛たんclub」でゆっくり美味しい牛たんを食べる



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20141118153208j:plain
 今日は仕事が休みだった。久しぶりに遠出をしないで「神楽坂」で昼飯を食べることにした。何を食べようか考えた末にふと頭に浮かんだ「牛たん」。2010年に大学を卒業し、就職をして初めての勤務地であった「仙台」でよく食べた、自分にとって特別な料理。そういえば以前神楽坂を歩いている時に気になった店があったことを思い出して行ってみることにした。上島珈琲と同じビルの4階にある「牛たんclub」。
 
 店の中に入った瞬間からとても懐かしく、美味しそうな牛たんを焼く香りがする。おすすめと聞いた「上牛たん定食」を注文した。カウンターの目の前でじっくりと焼いてもらった牛たんは、想像以上に厚くて、量も十分。仙台勤務時代に食べた牛たんと同じくらい好きな味だった。柔らかいんだけどしっかりとした歯ごたえもあって、うまい。テールスープと麦飯にとろろという定番のセット。いつもついてくる辛子の南蛮漬けが好きだ。
 
f:id:s06216to:20141118153217j:plain
 牛たん屋さんというと同じく神楽坂にある牛タン圭助のように活気があって、賑やかなものだという印象を持っていたけれど、この「牛たんclub」は広くて、静かでとても大人っぽい雰囲気。隠れ家感もあり、一人でじっくり牛たんの美味しさを味わうことができる。また牛たんが恋しくなったら行こう。