ウォーキングと美味しいもの

歩いた街やそこで見つけた美味しいものやお酒のメモ

音楽や読書、さらに美味しいハンバーガーも楽しめる「ブルックリンパーラー」



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20141214165332j:plain
 新宿三丁目「マルイ アネックス」の地下1階にあるブルックリンパーラー。ブルーノートジャパンがプロデュースする2009年にオープンしたこのお店のハンバーガーが好きだ。この見た目が良い。大きくて、見た瞬間は圧倒されるけど、次に「よし食べてやる」と無駄にチャレンジ精神が湧いて、食欲が刺激される。そして味。特に自分がお気に入りなのが「アボカド&チェダーバーガー」+グリルベーコンのトッピングのセット。香ばしいバンズ、肉汁たっぷりのパティ、新鮮なレタスやトマト、濃厚なチーズ、クリーミーなアボカドという様々な食材がミックスされて一口、一口食べるたびに新しい味を発見することができる。分厚いベーコンも最高。ポテトも食べ終えたらお腹いっぱい間違いなしのボリューム感だから、お腹が減っている時にぴったりの美味しいハンバーガー。食後は雰囲気の良い店内で音楽を聴きながらゆっくり雑誌や小説を読んだり、軽くお酒やお茶でも飲んだり。贅沢な時間。複数人でも一人でも楽しめると思う。
ブルーノートジャパンがプロデュースする[ブルックリン パーラー]。 ここは、音楽、本、そして食という要素が融合した空間です。
 N.Yのマンハッタン島からイースト リバーを渡ったところにある街、ブルックリン。そこには、ポジティブな自由さが、混沌とした文化の面白さが、隣人やその土地ならではの磁場を大切にする気持ちがあります。
 ブルックリン出身のミュージシャン、ルー・リードは、かつて『ワイルドサイドを歩け』と唄いました。
 即効性ばかりが求められるいまだからこそ文化や芸術がもつ遅効性のたのしさを。
 どこへ行っても同じような空間だからこそ土地に根ざしたデイリーフードと、誰もが気楽に集まれるここにしかない痕跡を。
 日本の中でも最も混沌としいて自由な新宿という街からそんなブルックリンスタイルを届けようと思います。
f:id:s06216to:20141214165339j:plain
f:id:s06216to:20141214165351j:plain
f:id:s06216to:20141214165406j:plain
f:id:s06216to:20141214165415j:plain
f:id:s06216to:20141214165424j:plain
f:id:s06216to:20141214165437j:plain
f:id:s06216to:20141214173405j:plain
f:id:s06216to:20141214165448j:plain
f:id:s06216to:20141214173424j:plain
ブルックリンパーラー (Brooklyn Parlor)
住所:東京都新宿区新宿3-1-26 新宿マルイ アネックス B1F
電話:03-6457-7763
営業時間:
(月~土)11:30~23:30
(日・祝)11:30〜23:00
定休日:無休(マルイ・アネックス休館日に準ず)