読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォーキングと美味しいもの

歩いた街と美味しいもののメモ。

じっくり煮込まれた玉こんにゃくに鳥中華。鎌倉「ふくや」で味わう美味しい山形料理。



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20150113190157j:plain

photo credit: inefekt69 via photopin cc
 仙台に住んでいた時に好きでよく行っていた「山形」。仙山線に乗って天童や山寺へ何度も足を運んだ。そんな「山形」の料理を食べられるお店が鎌倉にあると聞いて、「ふくや」へ向かった。鎌倉駅の東口を降りて、島森書店を右に曲がり「鎌倉郵便局前」の信号の左手の細い道をしばらくまっすぐ行った先にあるお店。 

f:id:s06216to:20150113180519j:plain

 座席数は5席のみと、とても小さいお店だったけれど、入った瞬間から素敵な雰囲気に感動し、そしてお客さんが皆美味しい美味しいと言っていて食べるのを見て食べる前から期待が膨らむ。
 やっぱり、と思い「だしやっこ」と「玉こんにゃく」を注文して、それから「昼呑み万歳!!」という壁に貼られた文字をみて、日本酒も注文。出羽桜樽酒に樽平に十水、若乃井冬宝、と山形の日本酒が揃っていた。しっかりとした豆腐の上に乗る「だし」は山形で食べた味そのままで懐かしくて、おいしい。そして何よりもじっくり煮込まれた玉こんにゃくに感動。何度でもお代わりしたくなるくらい好きな味。山田錦の山形政宗もすすむ。良い感じに飲んで、食べて、最後は「鳥中華」。
鰹の和風出汁(だし)に中太の縮れ麺、チャーシューの代わりに鶏肉。澄んだスープに天かすが浮かぶ「鳥中華」。2010年、食の専門家によるB級グルメコンテストで全国6位に選ば れ、全国のラーメンファンの間で話題になっています。 鳥中華の元祖は手打ちそばの名店「水車生そば」。これまで最も多い日には1日600杯を売り上げる人気メニューです。

鳥中華 — 山形県ホームページ

 山形名物という「鳥中華」。初めて食べたけれどすごく美味しかった。さっぱりとしていて、でも鶏肉と天かすがたっぷり入っていて食べ応えもある。麺のかたさも良い塩梅。お酒の締めとしてもちょうどよい。お店の方もとても気さくで、笑顔が素敵な方で、ここ最近鎌倉で行ったお店の中でも特に好きなお店だなあ、と感じた。またすぐにでも食べに行きたい。

f:id:s06216to:20150113180415j:plainf:id:s06216to:20150113180423j:plainf:id:s06216to:20150113180456j:plainf:id:s06216to:20150113180510j:plain

ふくや