ウォーキングと美味しいもの

歩いた街と美味しいものやお酒に関する日記

高田馬場のロシア料理屋「チャイカ」のボルシチが美味しかった。



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20150309160431j:plain
 先日、先輩から「美味しいボルシチを食べられるお店があるから一緒に行こう」と、高田馬場の「チャイカ」へ連れて行ってもらった。駅からすぐ。「ドン・キホーテ」の隣のビルの2階にお店はある。
f:id:s06216to:20150309160447j:plain
 全てのセットに「ボルシチ」はついていて、特に気になった「つぼ焼きセット」を注文してみた。ボルシチって今までずっとロシアの料理だと思っていたけれど、元々はウクライナの伝統料理らしい。

ボルシチは、テーブルビートをもとにしたウクライナの伝統的な料理で、鮮やかな深紅色をした煮込みスープである。 近世以後、ベラルーシ、ポーランド、モルドバ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ロシアなどの東欧諸国に普及した。現在、東欧文化圏のほかに、中央ヨーロッパ、ギリシャ、イランや、北米在住の東欧系ユダヤ人によっても作られており、多くの国で世界三大スープとして好まれている。

ボルシチ - Wikipedia) 

f:id:s06216to:20150309160456j:plain
 昼時の店内は満席。人気のあるお店なんだなあ、と思っているとボルシチが到着。真っ赤でさらさらっとしたスープを一口食べてみると、これが美味い。トマトや玉ねぎ、様々な野菜の旨味がすごく濃厚で、驚くほど甘くて幸せな気分。肉も柔らかくて美味しく、あっという間に完食してしまった。今まで本格的な「ボルシチ」って食べたことなかったけど、こんなに美味しいものだったんだ。温まる。今のまだ寒い時期にはぴったりの料理。
f:id:s06216to:20150309160515j:plain
 続いて出てきたのが「つぼ焼き」。上部のパンは蓋になっていて、
f:id:s06216to:20150309160535j:plain
 蓋の下にはとろっと重みのある濃厚なホワイトソース。その中には鶏肉、マッシュルーム、玉ねぎがたっぷり。そのまま食べても美味しいけれど、蓋となっていたパンをつけるとこれが最高。外がカリッと香ばしく、中がしっとりとした揚げパンのような生地とソースの相性がとても良く、贅沢な気分になるような味。すごく気に入った。
f:id:s06216to:20150309160547j:plain
 食後のロシアンティーの底にはいちごのジャムが。よく混ぜて飲むと爽やかな酸味と甘味がふわっと感じられる味になって、口直しに調度良い。美味しいボルシチに、つぼ焼き。また行きたくなるお店だった。これで1,000円っていうのもすごくお得だと思う。ご馳走様でした。
チャイカ
住所:東京都新宿区高田馬場1-26-5 F・Iビル 2F
電話:03-3208-9551
営業時間:
ランチタイム
11:30~15:30(ラストオーダー15:00)
ディナータイム
・平 日 17:30~22:00(ラストオーダー21:00)
・日・祝 17:30~21:30(ラストオーダー20:30)
定休日:不定休