ウォーキングと美味しいもの

歩いた街やそこで見つけた美味しいものやお酒について

高田馬場の隠れた「南海」。真っ黒なカツカレーは安くて美味くて最高。



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20150409214141j:image

 高田馬場の「南海」はJR高田馬場駅の早稲田口を出て、さかえ通りを進み途中で右に曲がり、

f:id:s06216to:20150409214150j:image
 橋を渡って、ちょっとした居酒屋さんが並ぶ先に隠れるようにしてある。
f:id:s06216to:20150409214201j:image
 こじんまりとした店内では、高くて立派なコック帽子が似合う格好の良いご主人が一生懸命調理をしている。お店は食券制。入ってすぐ左手にある食券機で悩みつつも、この日は名物である「カツカレー」にすることにした。
f:id:s06216to:20150409214211j:image
 綺麗に盛りつけされた大盛りのサラダはドレッシングかマヨネーズで。かいわれ大根、久しぶりに食べたけど美味しいなあ。
f:id:s06216to:20150409214230j:image
 熱々で湯気がのぼる真っ黒なカツカレーが到着。
f:id:s06216to:20150409214242j:image
 真っ黒なルーを見て数年前に先輩と行った神保町の南海を思い出す。濃厚で深みがある味。言葉でなんて説明をしたら良いかわからない複雑な味だからこそ、「一体なんなんだろう」、と食べても食べても興味をそそられて、飽きない美味しさ。辛さもじわじわやってくるけれど調度良い塩梅。カツも美味い。サクッとした衣に肉感もしっかりしている。どの料理にもついている目玉焼きもまた嬉しい。
f:id:s06216to:20150409214304j:image
 このボリュームで700円という安さ。さすが南海。お腹一杯になっても、味噌汁に刻み柚子が入っているから最後は爽やかにお店を後にすることができる。神保町より空いている、高田馬場の「南海」。生姜焼きにイカフライ、クリームコロッケ、カキフライどの料理も安くて美味くて最高。
f:id:s06216to:20150409214316j:image
馬場南海
住所:東京都新宿区下落合1-3-19 吉野荘 1F

電話:03-3362-1765
営業時間:11:00~21:00(L.O)
定休日:日曜日