ウォーキングと美味しいもの

歩いた街と美味しいものやお酒に関する日記

一本一本串に刺さった「静岡おでん」は甘くて濃い目の出汁が染みていて美味かった。



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20150408193215j:image

 4月に異動して早速静岡県の清水まで出張。お店で出す商品の命でもあるベースを一生懸命、丁寧に作ってくださっている工場の方の話を聞くのは、勉強になることばかり。とても有意義な出張だった。そして、やっぱりオフィスの中でずっとデスクワークしているより色々各地に行くのは好きだなあと感じた。帰り道の途中に寄ったサービスエリア。「何か美味しいものないかなあ」とぶらぶらしてみると、おでんを見つけた。「しぞーかおでん」?。調べてみると、静岡のおでんはちょっと普通のおでんとは違った特徴があるらしい。

静岡おでん・・・・・ 他県の人が見たらすこし驚くかも。 真っ黒な煮汁に、 一本一本串に刺さった「タネ」がグツグツと煮えている・・・ 静岡で育った輩には 子供の頃小腹がへったら近所の駄菓子やに小銭をにぎりしめて駆け込んだ記憶があるはず。

おでんの話〜話題の静岡おでんってどんなもの?〜

f:id:s06216to:20150408193226j:image

 これは食べておかないと、お店の方におすすめを聞いてみると、地元のサバ、いわしを使った「黒はんぺん」、後はもちもちのお団子の中に肉が入った「富士の白雪」が人気とのこと。よしそれだ、加えて好きな「もつ」と「しらたき」などを追加する。

f:id:s06216to:20150408193243j:image

 からしだけではなく、青のりだし粉、特製味噌だれを入れるのが「これぞ静岡おでん!!」らしい。おもしろい。

f:id:s06216to:20150408193254j:image
 黒い出汁は甘めでたしかに東京で食べるおでんとは一味違ったけけれど、これはこれで美味い。もつ、美味しかったなあ。「黒はんぺん」も薄いんだけれど食感は意外としっかりしていた。すり身の香りが良い。すすめてもらった「富士の白雪」は、黒猫夜で食べたバーワン、を思い出すもちもち感。5つのネタで大体500円ちょいなので結構安い。また、次回静岡行くときはここに載っているお店にも行ってみたいなあ。
f:id:s06216to:20150408193307j:image
天神屋
住所:静岡県沼津市根古屋998-27 NEOPASA駿河湾沼津SA上り

電話:055-946-5035
営業時間:24時間営業
定休日:無し