読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォーキングと美味しいもの

歩いた街と美味しいもののメモ。

昭和34年築の古民家で味わう美味しい純米酒と肴。市ヶ谷「あて 煮込 肴」が最高だった。



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20150613215306j:plain

 美味しい純米酒を飲める店があると聞いて、19時過ぎに神楽坂の第三玉の湯に寄った後、総武線に乗って「市ヶ谷駅」へ向かった。改札を出て、皇居の外堀に添ってしばらく歩く。ちょうど日本大学総務課の裏手を曲がったところに、隠れるようにあった「あて」というお店。

f:id:s06216to:20150613200116j:plain

f:id:s06216to:20150613200208j:plain

 昭和34年築の古民家を改装したというお店は、入り口からして懐かしい、あたたかい雰囲気が漂っている。こういうお店が高いビルが多く立ち並ぶ通りのすぐ裏にあるというのも不思議。

f:id:s06216to:20150613200220j:plain

f:id:s06216to:20150613214824j:plain

 カウンターに座りまずは「生」。銭湯の後のビールは特別美味しい。お通しは小さな握りと玉こんにゃく。席と席の間隔は広くないけれど、だだっ広ぎるお店より、居酒屋はこういうこじんまりとしていた方が個人的には落ち着く。

f:id:s06216to:20150613211125j:plain

 「冷たい純米酒」、「ひや、ぬる燗酒のススメ」。

f:id:s06216to:20150613204546j:plain

 煮込、刺身、焼揚。日本酒に合いそうな料理が数多く揃っていて、メニューを眺めるだけで楽しい。

f:id:s06216to:20150613204601j:plain

f:id:s06216to:20150613205135j:plain

 ビールの後は迷わず「伯楽星」。一緒にチーズ味噌漬をお願いした。次は、「綿屋」。宮城の栗原市に酒蔵がある「金の井酒造」のお酒。仙台の「かん」でも良く飲んだお酒。

f:id:s06216to:20150613203806j:plain

 「新生漢方米 幸之助 院殿」。漢方を飼料に混ぜて食べさせて育てた「漢方牛」の堆肥を使ってできた「新生漢方米」。この漢方米を作った農家の方のご先祖が「幸之助」さんで、「院殿」は高名な戒名とのこと。(院殿号)スッキリと飲みやすいから、食中酒としてもぴったり。

f:id:s06216to:20150613204058j:plain

 一緒にいただいたとろっとろの「牛すじ豆腐」。

f:id:s06216to:20150613203857j:plain

 綿屋の後は岩手の川村酒造店の酔右衛門。「途中から是非、燗も試してみてください」と聞いて、少し飲んだところでぬる燗にしてもらうと、思わずびっくりするくらいおいしいかった。ひやも良かったけれど、香りの広がり方が圧倒的に驚くほど変わる。

f:id:s06216to:20150613205630j:plain

 「揚茄子胡麻和え」。熱々の茄子を口に入れると茄子の旨みが溢れてきて、続いて胡麻の香ばしい香りと食感が続く。

f:id:s06216to:20150613211030j:plain

 「メニューには載せていないんだけれど・・」なんて事を聞いたら頼みたくなってしまった「新政」のNo6 R-type。

f:id:s06216to:20150613211925j:plain

f:id:s06216to:20150613212136j:plain

 それから「写楽」。結局最後の最後のまで東北のお酒。

f:id:s06216to:20150613213000j:plain

 おすすめ料理の1つという「鰯の梅煮」。温かくて優しい甘さの梅と柔らかい鰯がほっとする美味しさ。この見た目がまたこのお店に合っている。

f:id:s06216to:20150613213031j:plain

 定期的に行っているという「あて 酒の会」。20日は残念ながら参加できないけれど、次回開催される時には是非行きたい。(前回は「乾坤一と宮城の酒を囲う会」だったらしい。もっと早く知っていれば・・。)美味しいお酒に美味しい「あて」。また近々1人、もしくは日本酒が好きな友人と一緒にふらっと寄りたいなあと思うお店。ご馳走様でした。

f:id:s06216to:20150613211453j:plain

あて 煮込 肴

住所:東京都千代田区九段南4-8-34

電話:03-3262-0044

営業時間:

(月~金)11:30~14:00、17:00~23:00

(土)17:00~23:00

定休日:日曜日、祝日

【市ヶ谷】あて 煮込 肴

あて 煮込 肴 - 市ヶ谷/居酒屋 [食べログ]

最近の記事