読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォーキングと美味しいもの

歩いた街と美味しいもののメモ。

いつ食べても幸せな気持ちになれる「鳥ぎん」の美味しい釜めし。



スポンサーリンク

  有楽町での打合せの帰り道、目に入った「鳥ぎん」の看板。大学生の時お世話になった先生に銀座店に連れて行ってもらったのがきっかけで知ったお店は、銀座近辺にあるお店としては比較的安い値段も魅力的だったし、何より「釜めし」がものすごく美味しくて、日比谷で働いていた時には時々通っていた。よし、久しぶりに寄ってみよう、と地下にある入口へ。

f:id:s06216to:20150629211646j:plain

f:id:s06216to:20150629202821j:plain

f:id:s06216to:20150629202923j:plain

 ビールを飲みながら焼き鳥を待つ。この手作り感のあるお通しが好き。

f:id:s06216to:20150629203125j:plain

 落ち着くこんなお店の雰囲気がとても気に入っていて、ふとたまに行きたくなる。

f:id:s06216to:20150629205106j:plain

 焼き鳥はいつも「王様コース(1,280円)」。

f:id:s06216to:20150629204016j:plain

 そして釜めし。「鳥釜めし」を頼むことが多いけれど、今日は「親子釜飯」をお願いすることにした。いくらが食べたかっただけだから、「いくら釜めし」でも良かったけれど、メニューに書かれた「オススメ」という言葉に乗っかって、「親子」にしてみた。(「いくら釜めし」と「親子釜めし」の値段は一緒。)

f:id:s06216to:20150629205851j:plain

f:id:s06216to:20150629205902j:plain

f:id:s06216to:20150629205916j:plain

 できたての釜めし。少しのあいだそのままにして蒸らした後、まずお茶碗に一杯盛って、一口。あーうまい。なんでこんな美味しいんだろう、と食べる度にいつも思う釜めし。

f:id:s06216to:20150629210012j:plain

お茶碗に二杯目をよそうと、一杯目から少し時間が経ったことによって窯にくっついていた部分にかりっとしたおこげができていて、これがまた美味しい。ふんわりとした一杯目、香ばしい二杯目。どんなに焼き鳥を食べた後でも、必ず完食出来てしまう。 

f:id:s06216to:20150629210917j:plain

 最後はやっぱり「鳥スープ」。この「鳥ぎん」の釜めし、本当に好きだなあ。

f:id:s06216to:20150629210035j:plain

 種類もたくさん。

f:id:s06216to:20150629203836j:plain

鳥ぎん 日比谷店

住所:東京都千代田区有楽町1-6-1 第2日比谷ビル地下1階

電話:03-3504-1889

営業時間:

17:00-13:15、17:00-21:45(平日)

12:00-20:30(土)

定休日:年末年始

最新の記事