読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォーキングと美味しいもの

歩いた街と美味しいもののメモ。

お店の中に広がるバターの香り。鎌倉「よしろう」で食べたしらすのオムレツがとても美味しかった。

美味しいもの 鎌倉


スポンサーリンク

f:id:s06216to:20150701203312j:plain

 平日の夜の鎌倉は人が少なくて、最近の土日の混雑が嘘のよう。小町通りの脇の道を歩いて向かったのは「よしろう」という居酒屋。昼間は「甘処 あかね」という甘味屋さん。夜になるとお店の名前が変わって居酒屋になるんだよ、と聞いて以来ずっと行ってみたかったお店の一つ。

f:id:s06216to:20150701203420j:plain

 看板が妙に気になる「スナック」。いつか行ってみたいなあ。

f:id:s06216to:20150701203615j:plain

f:id:s06216to:20150701203628j:plain

 お店に着くと既に常連さんと思われる方が3名ほど。カウンターのみの小さい店内は変にがやがやしてなくて、すごく落ち着く。常連の人以外入りづらい、という雰囲気でも無く居心地も良かった。

f:id:s06216to:20150701221930j:plain

 小瓶のビールを飲みながらメニューを眺める。どれも美味しそうだったから、「おすすめは何ですか」と聞いてみると、今日は「地ダコのマリネかなあ。」と、とても綺麗なお店のおかみさんが答えてくれた。

f:id:s06216to:20150701204330j:plain

 よしそれにしようと、とお願いをしたマリネは本当に新鮮で歯ごたえがよく、噛む度に甘みが口の中に広がった。久しぶりにこんな美味しいタコ食べた。

f:id:s06216to:20150701204321j:plain

 ビールの次はやっぱり日本酒。菊正宗、立山、大七があったので、福島の大七をぬる燗でいただいた。梅雨に飲むぬる燗、なんか良い。そういえば、ふと思えば父や母や弟と一緒でなく、一人夜の鎌倉で飲むっていうのは初めてかもしれない。小さい頃から知っている街で一人飲むっていうのもなんか不思議な感覚。今まで鎌倉を「飲む町」として考えたことなかったけれど、意外と良いかも知れない。裏道に入ると次々と見つかる小さい居酒屋、バー、スナック、探検のしがいがありそうだ。

f:id:s06216to:20150701211314j:plain

 さくっと飲んでバスで帰るつもりが、どうしても気になって注文をさせていただいた「しらすのオムレツ」が想像以上に美味しくてついつい長居をしてしまう。おかみさんが焼き始める店内に広がる美味しそうなバターの香りが、またたまらない。「この香りでいつも頼みたくなる」と隣のお客さんも言っていた。そうしてできた、ふわふわなオムレツ。中を割ってみると・・

f:id:s06216to:20150701214200j:plain

 たっぷりのしらすが溢れるように入っていた。本当に本当に美味しかった。思わず笑顔になってしまうくらい。大満足。また近々行きたいなあ、その時はまたしらすのオムレツを頼まなければ。

f:id:s06216to:20150701214239j:plain

よしろう

住所:神奈川県鎌倉市小町2-10-10 榎本ビル 1F

電話:0467-23-0667

営業時間:17:30~23:30

よしろう - 鎌倉/居酒屋 [食べログ]

関連記事