ウォーキングと美味しいもの

歩いた街やそこで見つけた美味しいものやお酒のメモ

横浜「ALPIN JIRO(アルペンジロー)」は山小屋風の心地よい空間が素敵なカレー屋さん



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20151011110812j:plain

 ちょうど横浜で用事があったので、ふと思い出した伊勢佐木長者町の「ALPIN JIRO(アルペンジロー)」へ行くことにした。昭和60年(1985年)創業の歴史のある人気の横浜カリーのお店。なんといっても、山小屋のような雰囲気がすごく素敵で、いつ行ってもすごく落ち着くことができる。店員の方の感じもとても良い。

f:id:s06216to:20151011113411j:plain

 カレーの辛さは「山の高さ」で表現されていて、その高さによって変わってくる。と言っても「天国」でもそれほど辛くない。(辛さをウリにするカレーではないんです、と言っていた。)一番下の山が「野毛山」というのが横浜らしくて好き。

f:id:s06216to:20151011113306j:plain

 メニューは「若鶏」、「豚ロース」、「横浜豚やまわり」、「牛ミニロイン」といったステーキカリーと「牛煮込」、「彩色野菜」、「海の幸」といったバリエーションカリー、それから牛サーロイン、牛ヒレといった種類がある。「若鶏」は皮がパリッと香ばしく焼かれていて、ジューシーで好きなんだけれど今日は「豚」な気分だったので「横浜豚やまゆり」をエベレストで頂くことにした。

f:id:s06216to:20151011113328j:plain

 300円でつけられるサラダ。この日は素材も見た目も秋らしい「きのこのサラダ」だった。甘めの胡麻だれソースに大きなきのこ。特に焼き椎茸が美味しかった。

f:id:s06216to:20151011113608j:plain

 ご飯は「飯ごう」に入ってやってくるというこだわり。

f:id:s06216to:20151011114732j:plain

 やや固めに炊かれていて小麦を使用していないというさらさらとしたカレーによく合う。通常の「中盛」でも結構ボリュームがあるので少なめが良い人は減らしたほうがよいかも。

f:id:s06216to:20151011114750j:plain

 福神漬とらっきょうというシンプルだけれど間違いない付け合わせ。

f:id:s06216to:20151011113447j:plain

 熱々のカレーが到着。とにかく大きな肉が迫力満点。やまゆりの甘い香りのような風味が感じられるという「やまゆりポーク」は、柔らかくてすごく美味しい。にんじん、じゃがいもも大きくて食べごたえ十分。カレーのルーは甘さが特徴的。様々なスパイスを使っているんだろう、とても深くて複雑な味わいでいて優しい味。

f:id:s06216to:20151011114701j:plain

 オープン直後は比較的空いていたものの店を出る12時過ぎには中々の行列ができていた。ご馳走様でした。美味しかった。

アルペンジロー

住所:神奈川県横浜市中区弥生町3-26

電話:045-261-4307

営業時間:

(火~金)  11:00~15:00、17:00~21:30

(土・日・祝)11:30~15:00、17:00~21:30

定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は火曜日)

アルペンジロー - 伊勢佐木長者町/スープカレー [食べログ]

最近の記事