ウォーキングと美味しいもの

歩いた街と美味しいものやお酒に関する日記

鎌倉「なると屋+典座」



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20151017135020j:plain

 鎌倉駅を降りて、小町通りに入ってすぐの左手の二階に「なると屋+典座(なるとやぷらすてんぞ)」はある。ちょっと体調が悪い時や疲れた時なんかに、「何か体に良いものを食べたいなあ」と思った時に、行きたくなるお店だ。「典座(てんぞ)」とは

禅宗用語。禅林において座具,炊飯,料理を司る僧侶の役職名。重要な役なので高潔の僧が選ばれる。

典座(てんぞ)とは - コトバンク

という意味があるそうだ。メニューが月ごとに変わり、その月その月の旬のものを堪能できる。今日のランチでは、(1)「葛とじうどん(2)うどん+惣菜三品(3)10月のごはん、といった三種類があり、(2)を頂くことにした。

f:id:s06216to:20151017140512j:plain

 広くゆったりとした店内はあたたかい落ち着いた照明が居心地が良い。BGMも静かめで、厨房でスタッフがリズム良く食材をトントンと切る音や、油の弾ける音が聞こえてくる。左を向いて窓の外を眺めると納言志るこ店のある小道が見える。調理をする音以外には、スタッフの方々は雑談も無く、無駄な動きもない。その様子はまるでちょっとしたショーをみているようで、思わず目がとまる。テーブルに運ばれた、葛とじうどんはとろっとしたつゆの味付けが上品で、具材の大根はうまく煮こまれていて、そして大きな椎茸は食感が良かった。パリッと揚げられた海苔も香ばしく、水菜も新鮮。惣菜の三品も全てが瑞々しく、食べていて嬉しくなる。

f:id:s06216to:20151017140521j:plain

 疲れた時だけでなく、毎月必ず1度は行っておきたいお店。ご馳走様でした。 

なると屋+典座

住所:神奈川県鎌倉市小町1-6-12 寿ビル  2F

電話:0467-23-7666

営業時間:

11:30~15:00、18:00~21:00

定休日:火曜日、第2・4水曜日

なると屋+典座 (なるとや ぷらす てんぞ) - 鎌倉/自然食 [食べログ]

鎌倉については