読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォーキングと美味しいもの

歩いた街と美味しいもののメモ。

美味しい和牛を堪能できる神楽坂軽子坂の「和牛贅沢重」が最高。



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20151024111905j:plain

 神楽坂で有名な「翔山亭」が先日新しい業態として先日9月25日にオープンした「和牛贅沢重」の専門店。東京メトロの飯田橋駅「B4b」出口から歩いて5分程。「ギンレイホール」がある軽子坂を登って行くとお店がある。

f:id:s06216to:20151024143152j:plain

f:id:s06216to:20151024143112j:plain

f:id:s06216to:20151024143028j:plain

 店内はカウンターが10席のみと小さめ。落ち着いた和な雰囲気が神楽坂らしい。メニューは「和牛贅沢重」のみで、1,000円の「梅(黒毛和牛しぐれ煮+麹漬けローストビーフ)」と、1,480円の「竹(「梅」にサーロイン炭火焼きが加わる)」、1,980円の「松(「竹」にヒレ炭火焼きが加わる)」の3種類が用意されている。

f:id:s06216to:20151024113627j:plain

 料理を頼むとまず軽い突き出しが席へ。握りとしぐれ煮。握り美味しかったなあ。

f:id:s06216to:20151024113706j:plain

 「赤漬け」、「白漬け」は自由に頂ける。

f:id:s06216to:20151024113932j:plain

 今回はちょっと特別な日ということで、贅沢に「松」にした。約7〜8分程で席に「贅沢重」がやってきた。美味しそうな肉がこれでもかと乗っていてご飯が見えない。まずはそのままで、次に黄身醤油で味の変化を楽しみ、最後にお茶漬けで食べるのがおすすめされている。肉は全て非常に柔らかくて、とろける。肉の甘味が口の中に広がって名前の通り贅沢な気分になれる美味しさ・・。美味い。大根おろしが上に乗っていることで、しつこくなり過ぎないのも良い。 

f:id:s06216to:20151024114700j:plain

 黄身醤油をかけると予想通り美味しくて、ご飯がより進む。一気に食べたくなるけれど最後にお茶漬けにするために我慢・・。

f:id:s06216to:20151024114725j:plain

 そして〆のお茶漬け。お椀へご飯、肉を盛りつけて上にわさびと胡麻の素、海苔を乗せて、その上から熱々の出汁をかける。もちろん美味しい。肉の美味しさを感じられつつも最後にさっぱりと食べ終えられたのが良かった。

f:id:s06216to:20151024115714j:plain

 「梅」であれば1,000円なので普段のランチとして、「松」は特別な日やちょっと贅沢したい日なんかに。小さいお店なので大勢で行くより1人、2人でくらいで行くのがおすすめかも。とにかく「肉」が食べたい時に。また神楽坂に素敵なお店ができて嬉しい。

和牛贅沢重専門店 神楽坂 翔山亭

住所:東京都新宿区神楽坂3-1 桂ハイツ1F

電話:03-6228-1829

営業時間:

(月~金)  11:30~16:00(LO/15:30)

(土・日・祝)11:30~21:00   (LO/20:30)

定休日:無し

和牛贅沢重専門店 神楽坂 翔山亭 - 飯田橋/牛丼 [食べログ]

最近の記事