ウォーキングと美味しいもの

歩いた街と美味しいものやお酒に関する日記

鎌倉で日本酒を飲みながら美味しい「ふきのとう」を味わい、近づく春を感じる。



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20160304175730j:plain

 久しぶりに夜、時間ができたので鎌倉へ帰った。駅に到着して、恐らく修学旅行だろうと思われる学生が多い小町通りを歩いてみると、前回来た時に比べてだいぶあたたかくなっていて、やっと春が近づいているんだなあ、と感じた。久しぶりに母と飲もうと(うちの家は父も母も弟も皆飲めるのが良い。)、いつものお店に向かった。昼間は人の多い鎌倉も夜になればすいていて、美味しいお店を探すのにはぴったりだ。

f:id:s06216to:20160304175327j:plain

 「アナゴちらし小町」。店内は基本的にはカウンターのみの小さなお店。鎌倉観光のついでに是非おすすめしたい、という感じのお店では無いけれど、素敵なお店だと思う。好きなお店だ。

f:id:s06216to:20160304175148j:plain

f:id:s06216to:20160304163951j:plain

 メニューを眺め、「お刺身」と「さより天ぷら」をまずお願いした。

f:id:s06216to:20160304164035j:plain

 お通しの菜の花。シンプルだけれど、美味い。

f:id:s06216to:20160304164333j:plain

 お刺身は店主が釣った新鮮なものが揃っている。見た瞬間に『これは美味いだろう』と思えるが、食べてみてもやはり美味い。新鮮な魚は輝いている。

f:id:s06216to:20160304165420j:plain

 刺身を食べるなら、やはり日本酒だ。まずは「鍋島」、それから「庭のうぐいす」。

f:id:s06216to:20160304164218j:plain

 それから今回、特に気に入ったのがこの島根の「月山」。口に入れると最初に「酸」を感じられて、その後にすぐ旨みが口の中にじわじわと広がっていく。店主も好きなお酒だ、と言っていたし自分もこういうお酒大好きだ。

f:id:s06216to:20160304173120j:plain

 熱々の天ぷらはふわふわ。熱々なうちに、早めに塩でいただきたい。「さより」に添えられたズッキーニの天ぷらが個人的にはすごく気に入った。(噛むとジュワッと、瑞々しい。)

f:id:s06216to:20160304170801j:plain

f:id:s06216to:20160304173747j:plain

 続いて注文をした「ふきのとう豚バラ巻焼」が本当最高だった。外側の豚バラ巻はカリッと香ばしいながらも、噛んだ瞬間に甘い脂がじゅわっと広がってくる。そして、中に隠れた小さく緑鮮やかな「ふきのとう」の味わいは、やや苦味がありつつも、この「苦味」こそが、ふきのとうの醍醐味だというか、このほろ苦さこそ「春の味」なのではないか、って思う。(しかも肉の脂、旨みとの組み合わせによって苦味もそれほど強烈ではないので、ふきのとうが苦手だ、という方にもこの豚バラ巻焼は是非おすすめしたい。)もうすぐ春。春になったら公園で桜を見ながら美味い日本酒を、たっぷり飲みたいなあと思う。 

アナゴちらし小町

住所:神奈川県鎌倉市小町2-11-11

電話:0467-25-0575

営業時間:

昼の部 11:00~17:00

夜の部 17:00~23:00

定休日:月曜日

アナゴちらし小町 - 鎌倉/魚介料理・海鮮料理 [食べログ]

最近の記事