読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォーキングと美味しいもの

歩いた街と美味しいもののメモ。

美味しいものを食べに宮城・仙台へ行こう

美味しいもの 旅・歩き その他/メモ/雑記 仙台


スポンサーリンク

f:id:s06216to:20160902171824j:plain

2日連続、宮城・仙台の記事を公開してもらった。

hikakujoho.com

まずは、「マネ会」さんの記事。鎌倉の記事に続く、この5000円シリーズ。単に「格安グルメ」を紹介するだけだと面白くないかな…と思い自ら企画して提案させてもらたものの、、やってみると非常に楽しいんだけれどもう想像以上に大変。(5000円ピッタリに近づける計算だったり、そもそもの朝昼晩のコース検討だったり、撮影だったり…。でも編集のNさんが丁寧にサポートしてくれるから頑張らないと、と思える。)

 今回は、まずは『時期的に絶対行きたい!』と思い昼飯は『はらこ飯』にすることだけ決めて仙台へ。鎌倉と違って、「朝」が意外と難しくて、安さ的に『定義山の三角あぶらあげ(130円)』をぱっと思いつくも、遠さ・交通費的にダメだと諦めて、美味しさと絵になりそうという点で『塩釜の朝市』に。(ただ揚げたて、アツアツのあぶらあげは本当美味しくて、外はサクッとしていて噛むとじゅわ〜とあぶらが。この大蒜七味と醤油の組み合わせで、軽いからぱくぱくいけてしまう。)

f:id:s06216to:20160903104036j:plain

f:id:s06216to:20160903102838j:plain

 朝塩釜へ行った帰り道、仙台市内の『わたり あら浜』へ行くと、一時的に営業停止になっており、『さすがに塩釜→亘理は無いよなあ』と思いつつも、でもどうしても諦めきれなくて、駅に戻って亘理へ。亘理は震災の前日に1人有給もらっていちご狩り行っていた想い出の場所で、好きな街。正直遠いんだけれど、久しぶりに行けて良かった。相変わらずのどかで、綺麗な風景が広がっていた。結局やはり『はらこ飯』超美味しくて、これだ、と決めた。塩釜→亘理、もはや仙台じゃない。でも、市内だけでなくこういったちょっと遠出をすれば美味しいものに出会えるのが、仙台/宮城の魅力だと思う。夜の八仙も素敵なお店。源氏もいいよなあ。(でも居酒屋行っちゃうと5000円すぐ超えてそこで終わっちゃうので今回の紹介では我慢。)飲み屋を含めた記事ならこんなのも書いた。

walking-gourmet.hateblo.jp

特に「かん」は今回の出張中も3日間行って、記事作成で店を悩んだときにもマスター、お客さん含めて相談に乗ってくれて本当に助けてもらった。正直、今回のコースは朝昼晩で周る道としては現実的では無いけれど(実際行ったら1日4万歩近く歩いていた…)、気になった店どれか行ってみて欲しいなあと思う。(二泊三日で行って、初日は定番を楽しみ、二日目にこの記事のどれか行くのが、いいかも。)もう一本公開されたのは、みんなのごはんさんで書いた担々麺の記事。

r.gnavi.co.jp

この「吟」さん、記事にも書いたけど担々麺好きな人は本当、是非是非。近くのみそ壱さんも大好き。

f:id:s06216to:20160903083705j:plain

仙台入りした二日目の夜は酔っ払いながら1人国分町の仙台っ子ラーメンへ。懐かしいこってりさ。

f:id:s06216to:20160904004626j:plain

気がつけば宮城・仙台について書いた記事がたくさん増えてきた。牛たんだとこれ。

r.gnavi.co.jp

気仙沼へ行ったのも懐かしい。

walking-gourmet.hateblo.jp

 昨年の冬はブログで知り合ったいのっちさんと一緒に飲み歩いた。

ino-null.hatenablog.com

仙台勤務が終わった後でも毎年毎年行くことができていて、行く度に改めて初めての勤務地が仙台で良かったなあと思う。あの涼しい気候、温泉までの近さ、街の適度な都市感とコンパクトさ、人のあたたかさ。全てが合っていた。今年のページェントもなんとかして絶対行こう、八仙のイトウさんにまた会いに行かないと。ちなみにマネ会は次は金沢について書くのだけれど、時期的にはもう少し後の方が良かったかもなと、思いつつ。とにかく、今回は能登行ったりしないようにしなければ‥。(塩釜→亘理で「距離がすごい!」「仙台じゃない!」って言うコメントに、ちょっと反省中。)

f:id:s06216to:20160905210819j:plain

最近の記事