ウォーキングと美味しいもの

歩いた街と美味しいものやお酒に関する日記

福岡中洲で一人で焼酎を飲みながらもつ鍋を楽しめる「飯屋 楽」



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20160919001909j:plain

長崎から戻ってきたら台風前ということで大雨の博多。天神でバスを降りて今回なんとなく予約してみたホテルニューガイア上呉服まで歩いてみると思っていた以上に街が広くて、宿に着くまでにずぶ濡れて…ホテルでシャワーを浴びてそこから外へ出るのは億劫だったけれどせっかく福岡来たのだから、と街を歩くことにした。中洲は道によっては風俗店が立ち並び、チェーン店の様な居酒屋も多くありどのお店に入るか迷いに迷いに1時間くらいは歩いたかもしれない。そんな中で通り過ぎた瞬間に気になり入ってみたのが「飯屋 楽」。

f:id:s06216to:20160918195000j:plain

カウンターに座ってビールと一緒に頼んだ手羽先が以前名古屋で食べたものを遥かに超えるくらいに美味しくて一人感動した。骨がポロッと落ちるくらいに柔らかい。特に「旨辛レッド」がおすすめ。

f:id:s06216to:20160918202343j:plain

もつ鍋を一人から注文できるのが嬉しい。(むしろこれが目的)一人飲んでいると、個人的には真田広之に似ていると思った雰囲気のある格好いい店員の方が、どこから来たん?のように話かけてくれながら、軽く話して過ごしながらしばらくたつと一人きりだったカウンターに常連のお客さんが1人、2人と集まり自然と会話が弾んだ。出張?どこから?東京。自分も前東京で修行していたんだよ。「福岡はあたたかい人が多いよ」と聞いていた通り、たった一人で飲んでた自分にも気軽に声をかけてくれて、気がつけば盛り上がって連絡先を交換していた。同時にもつ鍋が煮立つのを待ちながら

f:id:s06216to:20160918202847j:plain

日本酒や、

f:id:s06216to:20160918203013j:plain

芋焼酎をロックで何杯も飲んだ。(地元だと何がよく飲まれているのですか?と聞いて「黒伊佐錦」とかかなあ…と聞いたからミーハーに地元の人と同じものを飲みたいとずっと飲んだ)何回お代わりしたんだろう…。

f:id:s06216to:20160918204725j:plain

途中サービスでつまみをいただいてしまいながら、

f:id:s06216to:20160918211320j:plain

もつ鍋が完成。一人前でたしか1,200円くらいだったかなあ。野菜たっぷりでモツも美味い。こってりとしたモツと一緒に豆腐や韮を味わいながら、焼酎をいっきに飲む。ああこれは幸せだ…お酒は何でも飲めるし、最近は特に日本酒が好きだった、というところだったけれどやっぱり長崎にしても福岡にしても、焼酎がしっくりくる。モツのあぶらとすっきりとした芋焼酎、これはやばいだろう…。すっかり福岡が好きになった。

f:id:s06216to:20160918204537j:plain

最後はおすすめと聞いたちゃんぽん。やや細くてコシがある麺がどんどんいけて、お腹いっぱいになりつつあったのにするっと入ってしまった。

f:id:s06216to:20160918223631j:plain

恐らく19時か20時くらいから飲みはじめて、最後は0時過ぎまで飲んだ。初の福岡で、初のお店だというのにも関わらず、周りの雰囲気が楽しくてついつい遅くまで飲んでしまった…。にしても本当素敵なお店だったなあ。福岡で一人飲みしよう、って時には是非おすすめしたいお店。自分もまた次行けるのが楽しみだ。

飯屋 楽

住所:福岡県福岡市博多区中洲4-1-17

電話:092-262-0101

営業時間:18:00~04:00

定休日:日曜日

飯屋 楽 - 福岡県 福岡市 - レストラン | Facebook

最近の記事