ウォーキングと美味しいもの

歩いた街と美味しいものやお酒に関する日記

時々無性に行きたくなる新橋「台湾麺線」



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20170204110045j:plain

新橋は土日に歩くのが楽しい街だと思う。

駅を離れてオフィス街へ行けば平日と違って人がほとんどいないから、大都会を独り占めしているようでちょっと良い気分。ふらふら歩けば、意外と良さそうな店がたくさんあることに気がつく。レトロな喫茶店や洋食屋、蕎麦屋、家具屋さん。何気なく通り過ぎたビルではコーヒー教室が開かれていた。寄り道をして小道に入れば思わず立ち止まりたくなる古い街並み、家屋が残っている。新橋駅からは約10分程の場所だ。家賃は一体いくらくらいなんだろうと小さな不動産屋さんに貼られている賃貸の価格を見てみると一人暮らし用で8万後半~10万。うーーん、中々高い。そうやって休みの日の新橋を楽しみながら向かったのが、「台湾麺線」。時々無性に食べたくなる「麺線」のお店。

f:id:s06216to:20170204111552j:plain

f:id:s06216to:20170204110547j:plain

11時30分の開店時間には既にお客さんが何人か並んでいた。すっかり人気店。女性が多い。海南鶏飯やタイ料理屋もそうだけれど、アジアの料理は女性に好まれている気がする。なぜだろうといつも思う。

お店に入りカウンターに座る。店の中はすでに良い香りがする。「よくばり台湾セット」(麺線セットor魯肉飯セットに好きな小皿を1つ選べて、1,000円!)と、それから台湾ビール(金牌)を注文した。冷えた緑色の瓶を持ち、やや丸みをおびた小さなグラスにビールを注いだらまずは一杯、勢いよく飲み干す。ああーー美味い、すっきりとした金牌昼から飲むビールはなんとも言えない贅沢さがあるのはきっと経験者なら分かってくれるはず。寒くなってからどこへ行っても日本酒ばかりで、もうしばらく外でビールを飲んでいない気がするけれど、麺線にはやはりビールだと思う。

f:id:s06216to:20170204113900j:plain

席に運ばれてきた麺線と魯肉飯、それから小皿はメンマにした。これで1,000円は安いんじゃないか……。ビールをごくごくと飲みながらメンマをつまみ、いよいよ久しぶりの麺線。

f:id:s06216to:20170204114217j:plain

f:id:s06216to:20170204114324j:plain

麺線は箸ではなくレンゲで食べるのが現地風らしい、と先日知った。少しすくい、味わう。とろとろの細い麺とカツオの香りが印象的な熱々のスープがとにかく合う。疲れた体に染みわたるような美味しさだから、飲み会明けにもいい。多めにしてもらったパクチーの爽やかでいて、やみつきになる独特な風味がまたいい。とにかく美味いなあ。美味すぎる。これこそクセになる味、だと思う。まずはそのまま楽しんだら、

f:id:s06216to:20170204114253j:plain

店員さんにお願いして”おろしニンニク”をもらい、それから辣椒醤(ラージャオジャン:台湾産の干しエビや唐辛子の旨みがつまった自家製の辛味)を適量入れて、混ぜる。辛いものが好きな人には堪らない味となって、その上に台湾鳥酢(ウースー:台湾特有の食酢)をこれまた適量垂らす。このは鳥酢は混ぜてもいいけれどあえて混ぜずに食べるのが個人的には好きな食べ方。

f:id:s06216to:20170204114745j:plain

麺線だけでなく、小盛の魯肉飯が良い。たれが染みこんで適度にゆるくなったご飯がうまい。メンマ、麺線、魯肉飯、それからビール、これで約1,600円。このボリュームと満足度でこの値段。やっぱり良いなあ、台湾麺線。御馳走様でした。さて次はいつ行こう。

f:id:s06216to:20170204114312j:plain

台湾麺線

住所:東京都港区新橋5−22−2 ル・グラシエルビル1F

電話:03-6435-6032

営業時間:

月〜金 11:00〜14:00 17:30〜22:00(21:30ラストオーダー)

土、祝 11:30〜14:30 17:30〜21:30(21:00ラストオーダー)

定休日:日曜日

台湾麺線

最近の記事