ウォーキングと美味しいもの

歩いた街やそこで見つけた美味しいものやお酒のメモ

銀座「凛」



スポンサーリンク

会社から歩けばすぐ銀座。昔イメージしていた銀座と言えば高級でキラキラしていて、お金持ちが歩く街。まさか将来自分が近くで働くことになるなんて想像もしていなかった街だけれど、いざ働き始めてみればそんなにキラキラ感はなくて、アンテナショップが多くて、東京にいながら色んな所に旅している気分にもなれるから楽しい。渋谷や新宿に比べれば人も少なく楽。

いつも行く中華料理屋さんで刀削麺を食べる。満足した帰りに、天気が良かったから、その日はちょっと違う道を歩いたら、気になる店を見つけた。なんだろう……と足が吸い寄せられて、店前のメニューを見れば、お寿司屋さんだった。「銀座で寿司かあ」「おまかせは高いが、昼の2,800円はいける」。東京での寿司にはやや抵抗がありつつも、最近寿司が好きで好きで、贅沢なのは間違いないけれど大きな仕事に目処がつきそうだったからということもあり、お疲れさんと自分に言い聞かせて、美味しいものが同じく大好きそうな同僚2人を誘って別の日に行くことにした。

一回目は、時間が遅かったせいか営業が終了してしまっていた。どうしてもリベンジしたくて、先日再チャレンジしたら、二回目で入ることができた。(この時は2人呼ぶのが面倒で、1人だけ誘って行ったら、店に着きそうな瞬間に前からもう1人の彼が偶然歩いてきた。なんなんだろうこのタイミングの良さ)

薄暗い店内。カウンターは一つ一つの間隔が広い。銀座だから正直無口で、気障な店主が現れても仕方が無いと諦めつつ入ったけれど、そんなことは無く、むしろ逆。良い人そうで安心した。

2,800円のランチは、サラダ、それから鱈子と筍の春を感じる一品から始まって、その後寿司となった。

最初は輝く「コハダ」。寿司は味だけでなくて、その見た目が素晴らしい。デザート以外にこんなに美しい食べ物はあるのだろうか、といつも見る度に考えている。(美しい=美味しいという訳では無いけれど。見た目がアレでもめちゃくちゃ美味いものは沢山存在する)

f:id:s06216to:20170301122204j:plain

続いてはクエ。柔らかさが印象的だった。

f:id:s06216to:20170301122420j:plain

スミイカ。(おっ、仙台の小判寿司で食べたのが懐かしい)ねっとりとした食感がいい。

f:id:s06216to:20170301122639j:plain

関さばは、藁で炙って香り付けしているとのこと。山葵では無く、辛子で味わう。口の中で溶けるような柔らかさと、切れ目の美しさに、惹かれた。

関さば(せきさば)は、豊予海峡(速吸の瀬戸)で漁獲され、大分県大分市の佐賀関で水揚げされるサバ[1][2]。関あじとともに、水産品の高級ブランドとして知られ、地域団体商標も取得している

関さば - Wikipedia

f:id:s06216to:20170301123001j:plain

富山の白エビ。(白エビは金沢で食べたものが忘れられない。金箔が綺麗だった)身がきめ細やかで濃厚で、塩が合う。富山は今月下旬に行く予定なので楽しみ。

f:id:s06216to:20170301123709j:plain

マグロは脂が控えめなのが昼にちょうどよい。

f:id:s06216to:20170301123932j:plain

この日の一番は、イクラ。海苔にも味がある。こんなに美味しいイクラを東京で食べられることに感激。甘さがひたすらに軽く弾けていって、幸せ。

f:id:s06216to:20170301124231j:plain

甘い玉子。「くらかけ」と言う言葉を初めて知った。

寿司店では、玉子焼きを上手に焼き上げられなければ一端の職人として扱われないという伝統から、職人自ら焼き上げ、「くらかけ(馬の鞍のように両側に垂らす握り方)」に握る薄いものと卵を主体にした厚いものの二種を揃えたり、芝海老や白身魚、小柱などのすり身を入れて丁寧に焼き上げる例が見られる

卵焼き - Wikipedia

f:id:s06216to:20170301124502j:plain

お椀には特製の七味が付いてくる。

f:id:s06216to:20170301124736j:plain

鉄火巻き。ここまで来ると結構お腹一杯になる。8貫ではそんなに量は無いのかもしれないというのが綺麗さっぱり裏切られた。充分に満足できる。

f:id:s06216to:20170301124802j:plain

デザートはなめらかなプリン。

f:id:s06216to:20170301125709j:plain

東京で食べる寿司もアリだなあ。時々贅沢したい時には。カウンターから見えた、十四代や伯楽星を飲みながら、次回は夜、行ってみようかと思っている。

住所:東京都中央区銀座1-6-6

電話:03-3538-7775

営業時間:

(月〜金)昼 11:30~14:30、夜 17:30~23:00

(土)  昼 11:30~14:30、夜 16:30~22:00

定休日:日・祝(月曜祝日の場合日曜営業)

銀座 凛 - 極上の江戸前鮨と本格和食

最近の記事