ウォーキングと美味しいもの

歩いた街や見つけた美味しいもの、お酒のメモ

美味しい肉骨茶(バクテー)が食べれる専門店、赤坂「新加坡肉骨茶」へ



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20170910204409j:plain

▲マレーシアで働いていた時に肉骨茶発祥の街Klangへ

以前、マレーシアで働いていた時に特に気に入って、よく食べていたのが海南鶏飯、そして肉骨茶(バクテー)。 海南鶏飯は仕事帰りに家の近くのPappaRichというチェーン店でテイクアウトして夜食べることが多く、肉骨茶はオフィス近くのローカルレストランでランチで。日本からの出張者にも好評だったのでよく案内した。肉骨茶って何かというと、Wikipediaによれば

ぶつ切りの豚あばら肉(皮付き)や内臓肉を、漢方薬に用いるスパイスと中国醤油で煮込んだ料理で、一般的には土鍋で供される。前述の食材に加えてレタス、きのこ類、湯葉、厚揚げや油条(中国式の揚げパン)などが用いられることもある。

肉骨茶 - Wikipedia

とあるけれど、まあ簡単に言うと豚肉のスペアリブを漢方や大蒜で煮込んだスープ。じっくりと煮込まれた肉自体も美味しいし、何より独特な風味のスープが堪らない。そんな肉骨茶の専門店、「新加坡肉骨茶」が今年の4月に赤坂にオープンしたと言うことで、仕事で赤坂に寄ったついでに、行ってみた。

 

お店は東京メトロの赤坂駅、7番出口からすぐ。席数は25席で、その中でカウンター席が6席。テーブル席はやや隣との間隔が近いので、2人くらいであればカウンターがゆっくりできそう。

f:id:s06216to:20170910132252j:plain

▲席に敷く紙には食べた方が丁寧に書かれていて初心者も安心。店主お気に入りの現地のお店の紹介も。

 

飲み物はやはりタイガービールを。炭酸が弱めで、水のように飲めるシンガポールのビール。マレーシアでもお酒飲めるお店なら大体どこでもこのタイガービールはあって、好きでよく飲んでいた。

f:id:s06216to:20170910132837j:plain

肉骨茶の他にもおつまみも少々あったので頼んでみた。煮玉子。八角の独特な香りが懐かしい。ビールのつまみにぴったり。

f:id:s06216to:20170910134455j:plain

この辛味噌ホルモンもピリ辛で気に入った。FBページを見ると8月から登場した新メニューらしい。

f:id:s06216to:20170910134530j:plain

メインの肉骨茶は、骨付きと骨無しがあった。(肉骨茶といったら骨が付いているものだという認識だったので、骨無しがあったのに驚いた)骨付き(単品780円)をお願いして、お腹に余裕があったので肉増し(+280円で1.5倍になる)にしてもらった。

席に運ばれて来た肉骨茶、まずはスープを一口飲んでみる。ああ……美味い。漢方の風味と肉の旨味が滲み出た、スープ。懐かしくて、沁みる、胡椒が効いている潮州スタイル。(肉骨茶には種類がいくつかあって、このサイトの記事が非常にわかりやすい。ちなみに自分が一番良く食べていたのが、マレーシアのKlangのもの。透き通ってキレイな潮州のよのものより濃厚で、パンチがあご飯が止まらなくなる。潮州のはシンガポールへ何度か旅行した時に楽しんだ)

f:id:s06216to:20170910134642j:plain

骨から箸で簡単に外す事ができるくらいに柔らかく煮られた肉。トッピング用のパクチーがあった。あまり肉骨茶にパクチーを組み合わせたことなかったけれど、意外と合う。(ただ、純粋に肉骨茶の風味を味わいたいなら無い方がいいかもしれない)

f:id:s06216to:20170910135036j:plain

肉骨茶には大体ついてくるこの黒醤油(現地では、ダークソイソースとか言われていたような)も非常に良い味。肉につけながら食べる。

f:id:s06216to:20170910135053j:plain

今まで肉骨茶を食べようと思うと、海南鶏飯を目当てに行った、松記鶏飯 (SONG KEE JEE FAN)で一緒に注文することが多かったけれど、この新加坡肉骨茶は、カウンター席があって、純粋に「肉骨茶食べたいな」という時に、1杯食べにいこうという使い方ができそうなのがいい。ちょっと飲みすぎた翌日なんかに飲むスープもまた美味いんだろうなあ……。

公式サイトに、

シンガポールの名物料理である肉骨茶(バクテー)に魅せられ幾度となく現地に趣き、数々の名店の味を食べ歩いた上で数年間をかけて独自のスープを研究。ついに選び抜いたスパイスが決め手のオリジナルのバクテーを完成させました。まだ日本では食経験が少ないバクテー。でもその味はシンガポール駐在の日本の方々たちからも絶賛されました。ぜひ食べてみてください!

シンガポール バクテー専門店 新加坡 肉骨茶

というメッセージがあるように、肉骨茶が好きで実際に現地で研究しているんだろなというのが味から伝わってくる(実際にFBページを見ると、定期的にシンガポールへ行っているよう)、クオリティの高い肉骨茶。最近テレビで取り上げられたらしく混み合うお店でも、丁寧な接客の女性の方々も素敵だった。

現地で肉骨茶の魅力にハマってしまった人にはとっても嬉しすぎるお店だし、肉骨茶って何?って言う人はとりあえず試しに行ってみてほしい。日本人の口に合う料理だと思う。気に入ったら是非現地へ。観光ついでに行きやすくて美味しいお店だと、マレーシアのペナン島にあるSong Riverの透明なクリアバクテーは、様々な部位のモツが入っていて、絶品。

f:id:s06216to:20140622102325j:plain

▲Song Riverの肉骨茶。透明。肉骨茶はお店によって結構味が違うので、自分のお気に入りの一軒を見つけるのも楽しい。

また、近々必ず行こう。ご馳走様でした。

新加坡肉骨茶(シンガポールバクテー)

住所:東京都港区赤坂5-4-14 ベルテンポ赤坂 1F

電話:080-4734-1128

営業時間:

(月〜金)  11:30~23:00(L.O.22:30)

(土・日・祝)11:30〜21:00(L.O.20:30)

定休日:不定休(公式FB要確認)

シンガポール バクテー専門店 新加坡 肉骨茶

最近の記事