ウォーキングと美味しいもの

歩いた街や見つけた美味しいもの、お酒の記録

九兵衛旅館から1年ぶりの酒田「寒鱈まつり」へ



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20180127094305j:image

昨晩は、最近お世話になりっぱなしの地元に住む方から「是非泊まってみてほしい」と前回鶴岡へ行ったときに紹介いただいた九兵衛旅館に泊まった。旅館の方々のおもてなし、雰囲気と規模間、そして料理……ただただ素晴らしかった。九兵衛旅館内には大浴場(露天もあり)や貸切風呂があって、隣の珠玉やのお風呂も使えた。特に珠玉や貸切の展望風呂が気に入って、夜と朝ゆっくり浸かった。窓を開けると冷たい風が気持ちよくて景色もいい。優雅な時間。

f:id:s06216to:20180127094321j:image

料理も一品一品が全て美味しいくて何から食べてよいのかと迷った。夜だけでなくて朝食も最高。今まで食べた旅館の料理の中で一番好きかもしれない。それだけよいのに、宿泊料は比較的リーズナブル。満足度が高い。次来る時もまた泊まろうと思った。
朝食後、酒田へ向かう。外は昨日以上に雪が積もっていた。送迎バスに乗って鶴岡駅へ。そこから電車で酒田へ。窓の外は吹雪で真っ白。

 1年間ずっと楽しみにしていた寒鱈まつり。昨年より雪がよく降って、急に来る地吹雪が冷える。ただ、そんな中で飲む寒鱈汁、美味しかったなあ。昨晩の九兵衛旅館で飲んだものも美味しかったけれど、やはり寒いところで飲むのは格別。沁みる。

明日も行く予定なので今日は軽くにして、好きな「こい勢」へ。寿司は個人的に最も幸せを感じられる料理なんじゃないかなんて思いながら、一貫一貫”贅沢”を味わう。お会計をお願いしたらついに「いつもありがとうございます」と言っていただいた。覚えていただいたようだ。好きな酒田の好きなお店の方に知ってもらえたというのは、なんか嬉しかった。酒田、本当に好きな街で、会う人会う人に好きだと言っている。

お寿司の後は、近場の観光スポットはもう大体行っているので今晩泊まる若葉旅館へ。ここも3回目かな。落ち着く旅館。そして安い。1日中入れる風呂へ。外が特別寒かった分、特別気持ちいい。居酒屋を予約した18時まで、軽く仕事して本を読んで寝た。

これから風呂へ行って好きな居酒屋さんへ。〆は中華そばの予定。今回も既にいい旅だ。