ウォーキングと美味しいもの

歩いた街や見つけた美味しいもの、お酒のメモ

DATE SEVEN EpisodeⅣから神田の味坊、味仙



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20180707184920j:plain

昨晩は19時がDATE SEVEN EpisodeⅣの解禁日ということで、最近できたと聞いた日本橋はせがわ酒店へ行くことに。久しぶりに日本橋を歩いてみたら、ますますお洒落になっていた。

19時前にお店に到着。店内にはちょっと飲めるスペースもあり、なかなか広い。これはいいな。

DATE SEVENは、仙台勤務時代に「宮城のお酒を飲んで日本酒好きになった」自分にとっては「宮城県の7つの酒蔵が協力して1つのお酒をつくる」それだけで感動もので、味とか関係なく存在が貴重でありがたく、最初から毎年買っている。

jp.sake-times.com

毎年役割を7蔵で変えていて、今年は

・リーダー蔵:「黄金澤」川敬商店

・精米:「伯楽星」新澤醸造

・原料処理:「萩の鶴」萩野酒造

・麹:「墨廼江」墨廼江酒造

酒母:「勝山」勝山酒造

・醪:「宮寒梅」寒梅酒造

・上槽:「山和」山和酒造店

とのこと。

f:id:s06216to:20180707185130j:plain

解禁日ということでお店の前でイベントがあって19時ちょうどには日本酒ファンが集まり、乾杯…!

f:id:s06216to:20180707190330j:plain

DATE SEVENは毎年飲むたびに「ああ、DATE SEVEN」と感じられる独特な香りがあり、それは今年も同様。その上で今年は後味やや苦味が感じらて大人っぽい。

f:id:s06216to:20180707185945j:plain

店前ではDATE SEVEN以外にも宮城のお酒が試飲できた。1杯500円だったのでここ2〜3年好きな戦勝政宗をいただくことにした。いわゆる「メロン」感がある香りが好み。(ボトルのセンスはちょっと微妙かなと思いつつ…美味い。)

f:id:s06216to:20180707191110j:plain

お店の前にある休憩スペースで飲んでたらお腹が減ってきたので、神田へ移動。

f:id:s06216to:20180707193847j:plain

羊な気分だったので味坊へ。白州ハイボール頼み、

f:id:s06216to:20180707195456j:plain

ラム肉と長葱塩炒め、

f:id:s06216to:20180707200208j:plain

ラム肉入り焼き餃子、

f:id:s06216to:20180707200539j:plain

ラム肉の串焼き(5本)を楽しみ、

f:id:s06216to:20180707201432j:plain

羊欲がしっかり満たされたので近くにある味仙のニンニクチャーハン、台湾ラーメンで〆ようと店を移動。芋焼酎を頼んで、

f:id:s06216to:20180707210543j:plain

ニンニクチャーハン、

f:id:s06216to:20180707210714j:plain

それから味噌台湾ラーメン。味仙はやっぱり名古屋のが美味しいと思いつつも東京・神田で楽しめるのは本当に有り難い…って思う。そしてこの名古屋にはない「味噌台湾ラーメン」は、味噌のコクがありつつ油断するとむせるくらいに辛いのが最高。

f:id:s06216to:20180707210824j:plain

話は戻るけれど、DATE SEVEN。いつもどおりであればあと1週間くらいは、はせがわ酒店で買うことができるはず。四合瓶で2700円。まあちょっと高めだけれど、せっかくだから買ってみてほしい。

 

www.kahoku.co.jp