ウォーキングと美味しいもの

歩いた街や見つけた美味しいもの、お酒の記録など

2020年酒田寒鱈まつり旅行1日目



スポンサーリンク

f:id:s06216to:20200124143224j:image

今年も酒田の寒鱈まつりへ行くため、昨晩の夜、高速バスが出る池袋へ。23時発。最近早起きして6時台に出社しているのと、出発前に風呂やサウナに入って、居酒屋で軽く飲んだお陰で発車すぐ寝ることができて、起きると6時。7時前にさかた海鮮市場に着いた。

とりあえず中華そば 雲ノ糸へ行って朝ラーメンしようと思っていたけど、改めて調べてみたら開店時間は9時。しょうがない。他の店ないかと探すと市場から近い麺屋酒田 in みなとというお店が朝5時からやっているので行くことにした。

券売機で気になった「みなとセット」は、ラーメンの小と1番人気という船麺の小のセットとのこと。

f:id:s06216to:20200124143310j:image

船麺は混ぜそば。極太の縮れ麺が美味い。ラーメンは、れんげに乗った背脂を溶かしながら、船麺はマヨネーズや辛味をつけて味を変えながら楽しめる。どちらもとても美味かった。そしてお店のおばちゃんが優しく、笑顔がすてきだった。

お店を出て7時55分発の電車に乗るため、酒田駅まで向かう。途中道歩くおじちゃんにおはよう、と声かけられる。酒田はやっぱりいい街だなあと再確認する。

お店を少しギリギリに出過ぎたせいで、後半走った。なんとか間に合った。なんせ電車が2時間に1本くらいしかないので、危なかった。

あまり人は乗っておらず余裕持って座れる電車。窓から見える1年ぶりに見る田んぼの風景。

f:id:s06216to:20200124143402j:image

遊佐駅で人がだいぶ降り、ほとんど貸し切り状態になった。

約20分で吹浦駅に着いた。

f:id:s06216to:20200124143343j:image

駅から歩く。歩いてる人はいない。車もときどき通るくらい。

空気がきれい。東京と比べて特別寒いというわけではない。今年は雪があまり降らないらしい。雪景色が見れないのは少し残念だけど、快適に歩くことができるのは嬉しい。

f:id:s06216to:20200124143647j:image

f:id:s06216to:20200124143707j:image

f:id:s06216to:20200124143721j:image

f:id:s06216to:20200124143735j:image

大体20分で、あぼん西浜に着いた。このブログを通して知り合った、鶴岡に暮らしていた同い年の友人に連れて行ってもらって、サウナデビューした施設。

f:id:s06216to:20200124143418j:image

気持ちいい露天の温泉であたたまったあと、サウナへ。温度が前より低くなっていた。明かりも無く真っ暗で、小さなテレビが光るのみ。これもいいかも。

とりあえず軽く入って、やはりバスで熟睡はできなかったのか眠いので大広間に行って、座布団を枕がわりにして仮眠。と、思ったらおばあちゃんたちがたくさんやってきた。

相変わらず聞き取るのが難しい庄内弁。そして元気。ずっと話してる。本当ずっと。バスタオルを家に忘れたという話だけで10分は話してた気がする。全然話が進まず、話が病気の話に逸れたと思ったら、「そうそう、バスタオル忘れちゃったのよ」と戻る。

少し寝て起きてもまだ話してて、風呂行くか、って言ってからが長く、またバスタオルの話が始まる。「洗濯したら、バスタオルとタオルはすぐ鞄の中にいれてるわよ、私」とアドバイスする女性。全くその通りな案。

しばらくして、「どっこいしょ」「よっこらしょ」と立ち上がるだけで大笑いして楽しそうに風呂へ行った。

自分も風呂へ行って湯につかってサウナに入ると、よりぬるい。60℃もないんじゃないだろうか。しょうがないので、出て、外の湯で体をあたためて水風呂入ってリクライニングチェアで休んでたら、サウナ横の看板に営業時間が「平日6時〜8時、13時〜21時30分」と書かれてることに気づいた。やってなかったのかーー。なるほど、暗い訳だ。(人はちょいちょい入っていたけど)これは明日か明後日また再訪せねば、と思いながらあぽんを発つ。

だいぶゆっくりして11時過ぎになっていた。近くに以前行った道の駅があって、歩いて10分くらいで行けそうなので向かう。

f:id:s06216to:20200124143507j:image

道の駅では、脂が乗ってとろける銀カレイ焼きと庄内産の美味いいくら丼を食べた。

f:id:s06216to:20200124143533j:image

f:id:s06216to:20200124143547j:image

f:id:s06216to:20200124143559j:image

立派な寒鱈発見。明日が楽しみ。

f:id:s06216to:20200124144109j:image

13時37分発の電車に乗ろうと吹浦駅へ向かう。行きとは違う道で、途中月光川という川を渡る橋へ。

f:id:s06216to:20200124143822j:image

川がなかなか大きい。人の気配がまったくしないなか、風も強くて、ふと、もしここで万が一落ちたら死ぬし誰にも気づかれないな、と怖くなる。前、四万十川沈下橋を巡って山の奥進んでいって誰もいないところにたどり着いたときもそんな気がした。人の気配がない大自然怖い。とか考えているうちに駅に着いた。余裕持ちすぎて、40分くらい暗く寒い駅舎で待つ。

f:id:s06216to:20200124143848j:image

絶対に乗り遅れるわけにはいかない。

f:id:s06216to:20200124143903j:image

秋田方面行きの電車が着いて、駅から降りてきた人がちらほら。女子トイレに人が入った。次来たおばちゃんが女子トイレいっぱいなの確認した後、迷わず男子トイレ入っていて驚いた。

電車は2分前になっても来なそうなくらい、来る感じしなく不安になったけど急に謎な音が鳴って来た。良かった。乗る。あったかい。また20分くらいで酒田に戻ってきた。

f:id:s06216to:20200124144020j:image

雨が降って来たので、タクシーで予約した若葉旅館へ。部屋に入ると既に布団が敷かれてるのが毎回最高。

f:id:s06216to:20200124143956j:image

風呂に使って冷えた体をあたため、少し仕事して寝る。ものすごくしっかり寝れて、起きたら17時前。また風呂に入って18時に宿を出る。

方向音痴だけどもう地図を見なくても店に行けるくらい道覚えている。いつもラジオが流れる通りを過ぎる。夜はさすがに少し冷える。

f:id:s06216to:20200124182125j:image

予約をしていた、いつも行く居酒屋の井筒へ。

f:id:s06216to:20200124183036j:image

入ると、「あら」とスタッフの女性が相変わらず覚えてくれている。去年は1回しか行けなかったのに。すごい記憶力。有難い。まずビール。

f:id:s06216to:20200124183743j:image

お通し。角煮とろとろ。

f:id:s06216to:20200124183831j:image

面識があり以前一緒に二軒目行った(らしい)先生が来店。そんなこともあったような。妙な距離感。日本酒は、最初に瑠璃色の海を頼んだ。皮はぎの刺身も注文。お店は大賑わいで今までで1番混んでるくらい。先生とその友達も今日は多いな、と驚いてる。

明日は祭。無茶せずゆっくり飲むぞーー。