ウォーキングと美味しいもの

歩いた街や見つけた美味しいものの記録です

黒猫夜「單欒」で中国、ポルトガルの郷土料理とお酒を楽しむ

f:id:s06216to:20180512172202j:plain

 

昨日は夕方、家から歩いて銀座まで行き、夜は前々から行きたかった黒猫夜さんが開催する「單欒(だんらん)」というイベントへ。

 

黒猫夜で開催される中国酒を楽しむ宴。日本において食卓での憩いの様子を表す「団欒」と中国貴州の酒遊び「単碗」を合わせた造語。これまで白酒飲み放題の会や黄酒チャートを作成しながら各地の郷土料理を楽しむ会など毎回内容を変えて不定期に開催。

 

黒猫夜さんは、以前別のイベントに誘ってもらって以来好きな中国郷土酒、郷土料理のお店(銀座店、赤坂店、六本木店がある)で、しかも8回目という今回は、同じく好きな代々木八幡のポルトガル郷土料理店クリスチアノさんとのコラボレーションする会ということで非常に期待が高まる。

 

f:id:s06216to:20180512175436j:plain

 

メニューはこのように黒猫夜の料理にはポルトガルワインを、クリスチアノの料理には黄酒を合わせるスタイル。料理名を見るだけでもう楽しい。

 

ポルトガルワイン7種(1種自家製ハイボール)×黒猫夜の郷土料理7品、黄酒7種×クリスチアノの郷土料理7品。そしてさらにクリスチアノ&黒猫夜のコラボ料理1品にポルトガルワインと黄酒1種ずつをお楽しみ頂きます。全酒16種、料理15種!

(イベント概要より)

 

 

マデイラハイボールで乾杯。独特な香りが面白い、後味爽やかなハイボール

 

f:id:s06216to:20180512181345j:plain

 

お通しは、羊つくねの串焼。久しぶりに食べる羊肉。この香り、やはりいいなあ。

 

f:id:s06216to:20180512181602j:plain

 

すぐさま、黄中皇(ファンジョンファン)10年、百吉納(バイジー)、女児紅(ニューアルホン)10年、ヴァスコ・ダ・ガマ ヴィーニョヴェルデ 白、レイト ボトルド ヴィンテージ ポート、ソアリェイロといったお酒も次々運ばれてテーブルの上はお祭り状態。

 

f:id:s06216to:20180512182143j:plain

 

お酒と一緒に前菜もどんどん運ばれてきて、真イワシの生アンチョビと林檎、

 

f:id:s06216to:20180512182602j:plain

 

ライム鶏のパクチーサラダ、山羊とクラゲの魚香和え、芝海老潮州風冷菜、

 

f:id:s06216to:20180512182607j:plain

 

アオナの南蛮漬け モーリョベルデ(モーリョベルデとは、パセリ、アンチョビ、ケッパーが入ったソースとのこと)。

 

f:id:s06216to:20180512183912j:plain

 

もうどの料理もお酒も初めてのものばかりで嬉しい発見の連続で楽しい。中国やポルトガルの郷土料理、お酒は全然詳しくないけれど、新しく知る味、しかも美味しいということでシンプルに楽しめた。特にこの羊チーズの冷たいパッパアソルダ美味しかったなあ……。ちびちび食べながらお酒が進んで、良い気分。

 

f:id:s06216to:20180512183537j:plain

 

前菜の後は温菜となり、この子豚の丸焼きも香ばしく肉肉しくジューシーで、最高。

 

f:id:s06216to:20180512185638j:plain

f:id:s06216to:20180512185925j:plain

 

それから豚血と糯米のチョリソとパインアップル、

 

f:id:s06216to:20180512190441j:plain

 

天然蛙と雲南キノコの澄ましスープ、

 

f:id:s06216to:20180512191120j:plain

 

サワラの福建紅麹焼き。全部好みだ。

 

f:id:s06216to:20180512191832j:plain

 

主菜は2品。とっても美味いみだれ鶏 いろいろ鴨のスパイス炒めと、

 

f:id:s06216to:20180512195004j:plain

 

この牛内臓モツとホホ肉の辛煮込み。この煮込みは今日だけの特別メニューということだけど、本当美味かった。またいつか食べたいな。

 

f:id:s06216to:20180512193434j:plain

 

最後は、バカリャウちまき。クリスチアノさんの自家製バカリャウ(タラの塩漬けの干物)と、黒猫夜のちまきの完璧なコラボレーション。

 

 

f:id:s06216to:20180512200837j:plain

 

デザートは玉子タルト新味。外側はカリッとしつつ中はとろけるタルトは、生姜の風味が爽やかでいい〆に。

 

f:id:s06216to:20180512210946j:plain

 

 

最初から最後までひたすら料理は美味しいし、たっぷりお酒が飲めて幸せだった、初参加の「單欒」。また次回も行けたら行きたいな。お店の方々による料理の説明もわかりやすいし、もてなしも素晴らしくってとても楽しい夜だった。

 

f:id:s06216to:20180512213420j:plain

 

久しぶりに黒猫夜へ行ったらやはり好きなお店だ、と感じたので今回急遽来れなくなってしまった友人を誘って、また近々普通に夜飲みに行ってみよう。今の季節は、茎せろりと牛モツ辛煮込みなんてあるのか。絶対美味しいだろうな。

 

 

3泊4日マレーシア旅行

以前仕事で1年間住んで以来好きな国、マレーシアへ久しぶりに行ってきた。

一緒に行こうと決めた会社の同僚らは全員初めてのマレーシアだったので、どんなルートがいいかなと昔の記憶を頼りに旅程を考えた。日本を木曜日の深夜に出発して、金曜、土曜、日曜をマレーシアで泊まって、月曜の夜に日本へ戻るという3泊4日(機内泊除く)の旅。結果、とても楽しいものになったので、記録に残しておこうと思う。

 

 

-----

 

■1日目

23時45分羽田空港発のAirAsiaに乗って、朝6時35分(現地時間。時差は1時間でマレーシアの6時35分=日本は7時35分)に、マレーシアのKLIA2空港に到着した。

空港である程度の両替をして(街中よりはレート悪いけど、羽田よりは良い)、タクシーでKL(首都のクアラルンプールは「KL(ケーエル)」と呼ばれる)へ。空港周辺は日本では見ないような背の高い木々が茂っていて、車の窓からこの風景を見るとマレーシアに帰ってきた、といつも思う。

 

空港からKLまではタクシーで約1時間。近付くにつれて、マンションやオフィスといった大きな建物が増えて来る。建設中のビルも多い。

 

滅多に行かない海外旅行ということで、贅沢をしてホテルはちょっといいところを選んだ。初日はMandarin Oriental, Kuala Lumpur

 

f:id:s06216to:20180310112814j:plain

 

今回宿泊した部屋(最もリーズナブルだった部屋)は、1部屋当たり629RM(リンギット=マレーシアの通貨。4月17日時点で1RM=27.49円)で、日本円で約17000円。2人で泊まれば、1人の支払いは約8500円。この金額でこんないいホテルに泊まれるというのは、物価が安い(日本の約3分の1と言われている)マレーシアならではだと思う。

 

ホテルに荷物を置いたら朝食へ。マレーシアに住んでいた時に好きだった食べ物は数多くあるけれど、すぐ思い浮かぶのが「肉骨茶(バクテー)」だ。

 

ぶつ切りの豚あばら肉(皮付き)や内臓肉を、漢方薬に用いるスパイスと中国醤油で煮込んだ料理

肉骨茶 - Wikipedia

 

f:id:s06216to:20180309103925j:plain

 

新峰肉骨茶(Sun Fong Bak Kut Teh)というガイドブックにも載る人気店が、ホテルの近くにあったので向かった。タクシーで5分程。ちょっとした距離なら歩けないことは無いけれど、基本的にはマレーシアでの移動はタクシーになる。(このサイトに色々詳しく載っている。とりあえず「青いタクシーはマレーシアではやや高い(とは言っても初乗りは200円未満)けど、質良く安心」って覚えておけば間違いない)

 

この新峰肉骨茶(Sun Fong Bak Kut Teh)は、朝7時から営業しているのも嬉しい。

 

f:id:s06216to:20180310095132j:plain

 

メニューを見てまずビールを注文した。マレーシアのビールは、CarlsbergやTiger Beerが多い。どちらも炭酸はそれほど強くはなく、ごくごくとたくさん飲める。約8時間のフライト後の一杯、しかも朝。最高。

 

f:id:s06216to:20180310095300j:plain

 

野菜炒めなんかをつまみとして頼み、ビールと一緒に味わっていると熱々の肉骨茶が運ばれてきた。漢方の風味豊かなスープの中にはじっくりと煮込まれた肉が。スープとその肉をそれぞれのお椀に取り分けて、 

 

f:id:s06216to:20180309104924j:plain

 

小皿で刻み大蒜と唐辛子とソイソースを混ぜて、それを肉につけて食べる。

 

f:id:s06216to:20180310094838j:plain

 

数年ぶりの本場の肉骨茶はやはり美味くて止まらなくなる。初めて食べる同僚らも、「これやばいっすね」と言ってて良かった。そうそう、やばいんだよこれ…。

 

肉骨茶は日本でも少しずつ食べれるお店が増えているけれど、日本で食べることができる肉骨茶の多くは「シンガポール風」で、胡椒が効いた上品なスープ、といったようなものが多い。それはそれでもちろん美味いのだけれど、自分はやはりマレーシアの肉骨茶が好きだ。味や風味が強く濃く荒々しい。(ちなみに肉骨茶の発祥は、マレーシアのKlangという街)

 

油条という揚げパンをスープにつけて食べるのもいい。ライスと一緒に楽しむのもよし。肉骨茶は通常のスープタイプの他に「ドライタイプ」もあり(店にもよる)、こちらは、特にごはんが進む。

 

f:id:s06216to:20180309105215j:plain

f:id:s06216to:20180309105829j:plain

 

ホテルだけでなくもちろんレストランも安く、朝からたっぷり飲んで食べて一人1500円程度で収まった。びっくりするくらい安い。

 

新峰肉骨茶(Sun Fong Bak Kut Teh)を後にしたら、腹ごなしに歩いてマレーシアと言えば、という名所で大好きな「ペトロナスツインタワー(Petronas Twin Towers)」へ向かうことにした。

 

20世紀の超高層ビルとしては最も高く高さ452メートルの88階建てで、マレーシアの国立石油会社ペトロナスによって建築された。

ペトロナスツインタワー - Wikipedia

 

中心部は高層ビルが多い。年中暑い、常夏のマレーシア。暑さは、日にもよるし、感じ方は人によっても違うかもしれないけど、個人的には真夏の東京のオフィス街よりは断然過ごしやすいと思う。朝晩は結構涼しかったりする。

 

f:id:s06216to:20180309114201j:plain

 

途中、Pavilionという高級なショッピングモールへ。巨大なショッピングモールも多くあるマレーシア。このPavilionもなかなかの広さで全部のフロアを見て周るとあっという間に時間が過ぎていく。

 

f:id:s06216to:20180309121345j:plain

 

また歩き始めて、見えてきたこちらがペトロナスツインタワー(Petronas Twin Towers)。

 

f:id:s06216to:20180309124602j:plain

 

下まで行くとこんな感じ。

 

f:id:s06216to:20180309125033j:plain

 

マレーシアに初めて行った際、「ツインタワーが有名、大きい」くらいは知っていたけれど、大きいといっても横浜のランドマークタワーくらいだろうと思ったら想像以上で圧倒された。ランドマークは296mでツインタワーは452mらしい。約1.5倍。その迫力、輝く外観に感動し、一瞬でファンになった。

 

相変わらず格好いいツインタワーをしばらく眺めて、ホテルに戻り少し休み、お昼はツインタワーにあるスリア KLCCという商業施設内にあるLittle Penang Cafeというレストランへ。朝しっかり食べているので麺やスープで軽めにした。

 

その後は夕食までホテルでゆっくりすることに。

 

f:id:s06216to:20180309152909j:plain

 

ホテルのプールサイドで街中の高層ビルを眺めて、軽く昼寝して、起きたら同じフロアにあるスパへ行ってお湯につかったり。サウナもあった。暑い国なのでやはりそれほど人気が無いだろうと予想した通り、サウナ室には誰もいなかった。嬉しいことにオートロウリュがあったので、好きなだけ室内をあつくして気持ちよく汗をかいて、水風呂へ。水温がやや高めなのが惜しかったけれど、贅沢な貸切サウナができたので十分だ。

 

存分に休み、夜。マレーシアで人気の屋台街アロー通り(Jalan Alor)へ向かった。

 

f:id:s06216to:20180309202714j:plain

 

大勢の人で賑わう通りを進み向かったのは、"偽ミッキー”の店として有名なW.a.w Restaurant。人気のマレーシア風中華のお店。

 

f:id:s06216to:20180309203007j:plain

 

ビールを飲みながら、色々頼んだ。特に名物の手羽先や蟹が美味しくて夢中になった。最後は麺で〆。マレー系6割、中華系3割、インド系1割という多民族で成り立つ国であるマレーシア。食も多様で、色んなお店を食べて周るのが楽しい。

 

f:id:s06216to:20180309204230j:plain

 

f:id:s06216to:20180309205842j:plain

 

f:id:s06216to:20180309205800j:plain

 

f:id:s06216to:20180309213826j:plain

 

ホテルに帰る前にせっかくだからバーで一杯飲むことにした。夜になると光るツインタワー。しつこいけど格好いい。写真以上に実物がすごいので、是非色んな人に行って、見てみてほしい。

 

f:id:s06216to:20180309222406j:plain

 

今回行ったのは「Marini’s On 57」というバー。ツインタワーから近いビルにあるバーなのでこのような風景を楽しめる。ツインタワー好きには堪らない。

 

f:id:s06216to:20180309225840j:plain

 

 

■2日目

クアラルンプールのような都市も楽しいけれど、ビーチリゾートでゆっくりできるのもマレーシアの魅力だと思い、2日目はランカウイ島へ行くことにした。(ユネスコ世界文化遺産として登録された「ジョージタウン」があるペナン島にしようかとも迷ったけれど、のんびりするなら、とランカウイにした。ペナンも安くて美味しいグルメたくさんあって好きで、住んでいたときには何度も行った)

 

ランカウイ島 (Pulau Langkawi) とは、マレーシア北西部のアンダマン海にある島。地元の言葉でランは鷹、カウイは大理石を意味する。クダ州に属し、この周辺の98の島々を含めてランカウイ群島と呼ぶ。数多くの伝説が語り継がれていることから、伝説の島と呼ばれている。

ランカウイ島 - Wikipedia

 

ホテルを出てスバン空港へ。KLIA2よりもかなりこじんまりとした空港で、便は少ないものの空いているのがいい。以前この近くに住んでいたということで使い慣れた空港。週末ランカウイ、ペナン、シンガポールへ行くのに便利だった。

 

f:id:s06216to:20180310132206j:plain


飛行時間は約1時間。13時45分に空港に到着して、そこから約30分かけてホテルへ向かった。KLに比べて街の雰囲気はだいぶ田舎っぽく、素朴でのんびりとしている。

 

この日のホテルは以前泊まって感動したTanjung Rhu Resort(1部屋1296RM=約35000円)へ。マレーシアではかなり高いホテル。

 

f:id:s06216to:20180310152408j:plain

 

高い。空港からもやや遠い。ただ、この人がほぼいないプライベートビーチにはその価値があるのでは、と自分は思う。

 

f:id:s06216to:20180310154946j:plain

 

f:id:s06216to:20180310155032j:plain

 

 

部屋の冷蔵庫に入っていたビールを持ち出して、天国感のあるプライベートビーチでだらだら飲んで、飽きたらプールへ行ったり。何もしない、何も考えない。そんな贅沢な時間を過ごした。

 

夕食はホテルのレストランも美味しいけれど、安くたくさんたべたかったので美味しいと聞いたYong Leong Seafood Restaurantへタクシーで行った。

 

f:id:s06216to:20180310232029j:plain

 

野菜炒め 、肉、貝、海老、イカ、魚……。海が近いということでシーフードが特に美味い。そしてランカウイ島は島全体が免税ということでお酒が安いのもいいところ。ビールが1缶2~3RM=50~80円。

  

f:id:s06216to:20180310221156j:plain

 

f:id:s06216to:20180310224428j:plain

 

f:id:s06216to:20180310221640j:plain

 

f:id:s06216to:20180310225415j:plain

 

f:id:s06216to:20180310221820j:plain

 

この日もたらふく食べて飲んだのに1人75RM=2000円……。ホテルに戻って、夜のビーチで寝転がっていたら、流れ星を1回見ることができた。満足して、部屋に戻って寝た。

 

 

■3日目

朝起きて、海沿いを散歩して朝食はバイキング。前日まで中華系メインだったので、ナシルマやカレー、ロティチャナイなどマレー系やインド系の料理を楽しんだ。

 

f:id:s06216to:20180311101553j:plain

 

f:id:s06216to:20180311103803j:plain

 

昼過ぎまでまた浜辺でだらけ、名残惜しいホテルを後にして、14時発の飛行機に乗り15時20分にスバン空港に到着した。

 

そこからKLに向かって、16時頃ホテルに着いた。最終日は、Mandarin Orientalが取れなかったのでInterContinental Kuala Lumpur。1部屋540RM=約14000円。初めてマレーシアに来たときに泊まったホテルで、繁華街から近い立地の割りにリーズナブル。ホテル内も十分綺麗。

 

 軽く何か食べようとKLCCのフードコートでprawn mee(海老の麺)を。海老の香りが濃厚で気に入った。

 

f:id:s06216to:20180311175915j:plain

 

その後夜までぶらぶらするか、とLRTと呼ばれる列車に乗って KLセントラル駅へ。日本でいったら東京のようなターミナル駅。

 

f:id:s06216to:20180311190934j:plain

 

The Chicken Rice Shopというファーストフードのお店で、チキン単品をおやつ代わりに。チキンライスもマレーシアに住んでいた時に毎日のように食べていたものの一つで大好物。(以前ぐるなびさんでこんな記事も書かせていただいた)

今回は行けなかったけれど、マレーシアのIpohという街のLOU WONGというお店のチキンライスは絶品。ああ、また食べたい……。

 

f:id:s06216to:20180311185408j:plain

 

夕食前にセントラルマーケットへ行った。服やちょっとした小物などお土産を買える観光スポット。せっかくなので、きらきら光るツインタワーTシャツを買った。

 

f:id:s06216to:20180311205833j:plain

 

夕食は初日に行ったW.a.w Restaurantでまだまだ食べたいメニューが残っていたのでリピート。マレーシア最後の夜だから飲むぞ、とCarlsbergをたっぷり注文。

 

f:id:s06216to:20180311213712j:plain

 

f:id:s06216to:20180311213811j:plain

 

胡椒が効いた蟹が美味かった。

 

f:id:s06216to:20180311220326j:plain

 

色々食べて、〆は炒飯。何を食べても美味しい。やっぱり間違いないお店だ。

 

f:id:s06216to:20180311225827j:plain

 

その後、アロー通り(Jalan Alor)からも近いChangkat Bukit Bintangへ。雰囲気のいいバーが並ぶ、お洒落なエリア。

 

f:id:s06216to:20180311231826j:plain

 

The Whisky Barで一杯。

 

f:id:s06216to:20180311233815j:plain

 

ちょうどよく酔っていい気分でホテルに戻って熟睡。
 

 

 

■4日目

最終日の朝は、また新峰肉骨茶(Sun Fong Bak Kut Teh)へ行って肉骨茶を食べ納め。またしばらくこの味が食べられないのは切ないと思いつつ、しっかり味わった。

 

f:id:s06216to:20180312085713j:plain

 

ホテルに戻って、帰り支度をして空港へ向かう。軽く昼食を取って、14時20分にマレーシアを出発して、日本に22時頃に到着した。

 

 

-----

 

 

今回は、「美味しいもの食べて、ゆっくりしよう」という旅だったので、モスクや歴史的建造物、洞窟などガイドブックに載っているようなスポットは周らなかった。

マレーシアは広い国だから一回で周りきるのはなかなか難しいので、少しづつ魅力を知るのもいいのかな、と思う。一緒に行った同僚もまた行きたい、と言ってくれていたのでよかった。
それにしても楽しかった。住んでいたとき以上に楽しいように感じたのは、今回が純粋な旅行だったからかな。今年できればもう1回くらい行きたい。仕事頑張ろう。次はIpohのLOU WONG必ず行くぞ。

 

AirAsiaなどのLCCで早めに予約すると意外とチケットが安いマレーシア(今回は往復39000円程)。ホテルも1泊1人4000円くらいでちゃんとしたところも結構ある。安く楽しもうと思えば安くできるから、いろんな人に是非行ってみてほしいなと思う。

 

小樽雪あかりの路と幸せなふじりんの夜

f:id:s06216to:20180216130228j:plain

以前書かせていただいたYorimichi AIRDO

yorimichi.airdo.jp

この記事で、

「小樽雪あかりの路」が開催される2月に、またふじりんで会う約束をしてさようなら。

と約束した通り、2月16日~18日小樽へ行ってきた。(もちろんAIRDOに乗って)木曜日に札幌についてニコーリフレやジンギスカンを満喫して。金曜日、お昼に札幌でラーメンを食べてから小樽へ。

ホテル(駅前のドーミーイン)にチェックインをして運河沿いを散策した。雪が積もり、建物の屋根には見たことがないくらいに巨大な氷柱ができている小樽もまたいいなと思いながら、一旦ホテルに戻って夜、ふじりんさんへ向かった。小樽駅からは歩いて15分程。

f:id:s06216to:20180216172539j:plain

小樽雪あかりの路は、街中の何気ないところにもあかりが灯されていて、「おっ、こんなところにもあるんだ」と見つけるたびに楽しい。

夕暮れ時からあかりが灯され始め、夜9時まで、ローソクのあかりで埋め尽くされる小樽。 雪の中にほのかにゆらめく、無数の灯りは、ひとりひとりの祈りとなり、願いとなる。 私たちは10日間、このかよわい、ささやかな灯りを絶やすことはない。

小樽雪あかりの路

f:id:s06216to:20180216173249j:plain

f:id:s06216to:20180216204941j:plain

お店に到着。

f:id:s06216to:20180216173457j:plain

久しぶりだから忘れられてないかなと思いながら入ってみるとあの時と同じママリンの笑顔が。「久しぶり!」半年振りだとは思えないくらいに、あのままで、カウンターに座るやいなや落ち着いた。

素敵な記事ありがとうね、と言葉をもらうけれど、いやいや、こちらこそ、こちらこそ、と恐縮。

ふじりんさん大好きなんだけれど、特に日本酒が充実しているのが嬉しい。日本酒好きの方(そうでない方も)、小樽行くときは是非ふじりんさんに行ってほしい。(人気店なので必ず事前に予約するのがおすすめ)北海道の地酒はもちろん、自分が特に気に入っている東北のお酒も多くて、結構珍しいお酒もある。

最初はまず飛露喜から。

f:id:s06216to:20180216174204j:plain

ああ美味い。

頼んだお刺身やおでん(岩のりのおでん、本当最高……)も相変わらず絶品。そんな中今回はまってしまったのが「ごっこ(ホテイウオ)」

「汁が有名だけど私は唐揚げが好きなの」

そう言うママリンに勧めてもらって唐揚げでお願いしてみると、カリッとした衣の中はゼラチンっぽさがある弾力。なんだこれ、うっま……。「美味しいですね」そうなのよ。聞くと顔がグロテスクで有名らしい。

「私はかわいいと思うんだけどね」

とママリンがタブレットで写真を見せてくれた。うん、かわいい。(かな)

f:id:s06216to:20180216180052j:plain

ごっこと一緒に飲んだピンクラベルの而今(千本錦)が最高で2日間たっぷり飲んだ。

 

 

たっぷり飲んだ初日。

それから次の夜も、前回の取材の時やそれ以来もずっとFacebookで親切にしてくださっているW夫妻と合う約束をしていたためまたお店へ。

おお、久しぶり。また、1日目に続いてあっという間に距離が縮まるのはこのお店、ママリン、そしてW夫妻の優しさだ。あっという間に楽しくなってお酒を頼んで、美味いものをつまむ。いい気分で日本酒を飲んでいたら、今日は事前に魚焼いているのよ、とママリン。あ、夏にいただいた「マグロのカマ」だ……。相変わらず美味いなあ。

f:id:s06216to:20180217181351j:plain

ちょっとしたお祝いもしてもらった。気が付けばカウンターの他のお客さんとも話が弾んでいた。なんていいお店なんだろう。このお店に通うために札幌勤務したいなと、ちょっと真剣に考えて話してみると「札幌じゃなくて、小樽に住むのはどう」と笑いながら提案してくれる皆さん。ありだな。あり。(したい)

美味しいものが食べられるお店は日本全国あってもこんなお店はそうそう無いから、そう思うと帰るのが名残惜しくなった。

「小樽雪あかりの路のように何かお祭りとかありますか」聞いてみたら、

7月27~29日が小樽の最大の夏祭り「潮まつり」です。28日・土曜日には、毎年恒例の「ねりこみ」という踊りを見ることができます。昼過ぎから屋台でビールやワインを片手に、踊るメンバーを励ましながら、短い小樽の夏を楽しむというイベントです。またお時間がありましたら、是非遊びにいらしてくださいませ!!

と教えてくれた。行きたい。

2日間大変お世話になった〆は、裏メニューという子豚丼。これがもう美味しいこと美味しいこと……。

f:id:s06216to:20180217205313j:plain

 

最後に記念撮影。

 

 

お店を出て美しい運河を眺めていたら、7月絶対行きたいなと思った。ああ行きたい。

f:id:s06216to:20180216204815j:plain

f:id:s06216to:20180216211039j:plain

そんな冬の小樽。とっても幸せな夜だった。