読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォーキングと美味しいもの

歩いた街と美味しいもののメモ。

気軽に美味しい日本酒を楽しみたい時におすすめしたい、池袋西口の「てしごとや」。

美味しいもの 池袋 日本酒


スポンサーリンク

f:id:s06216to:20151226233349j:plain

 神楽坂に住んでいた時に好きでよく行っていたお店「てしごとや 霽月(せいげつ)」の系列店が池袋にもあると知り、日本酒好きの友人と行ってみることに。池袋の西口から歩いて5分かからないくらい、この近さは嬉しい。やや小さい特徴的な入り口をくぐって、お店の中へ。まずは、とカウンターに座りビールを飲みながらお酒のメニューを眺めてみる。神楽坂のお店が『日本全国各都道府県のお酒を少グラスから飲める』、という特徴があるのに対して、こちらはそういう仕組は無いけれど、お酒の種類は豊富。珍しい日本酒も置いてあった。今回、いくつか飲んだ中で、『うまい・・』と特別記憶に残ったのが、青森県の「田酒」の「斗瓶取り」(とびんどり)。値段は正直安くはないけれど、その価値はあると思う。めちゃくちゃ美味い。

斗瓶取りとは、お酒をしぼるときに圧力をかけず、自然と滴り落ちてきたものを集める方法です。

日本酒の斗瓶取り(とびんどり)とは? - SAKETIMES

f:id:s06216to:20151226214443j:plain

f:id:s06216to:20151226214218j:plain

f:id:s06216to:20151226220331j:plain

f:id:s06216to:20151226220411j:plain

 料理も1つ1つ全て美味かった。日本酒のつまみには間違いない安定の「いぶりがっこ」からはじまり、「鯛と九条ねぎの朴葉焼き」も最高。

f:id:s06216to:20151226214829j:plain

f:id:s06216to:20151226215542j:plain

 刺盛り。

f:id:s06216to:20151226220406j:plain

 かにみその甲羅焼きや、

f:id:s06216to:20151226221059j:plain

 米沢牛の炙り焼。

f:id:s06216to:20151226221416j:plain

 お酒もどんどんすすむ。山形県、出羽桜の「雪漫々」。

f:id:s06216to:20151226224840j:plain

 おすすめの魚、ということですすめてもらったキンキの姿焼きも美味かった。

f:id:s06216to:20151226225529j:plain

 大好きな宮城県のお酒、「墨廼江」の600本限定の、大吟醸原酒『600-K』もあった。

「墨廼江 すみのえ 大吟醸原酒 600-K(ケー)」は、墨廼江の技術を集結し、総米わずか600キロの酒造好適米「特A山田錦」で仕込まれた大吟醸を、加水することなくそのまま瓶詰めしました。 小さなタンクで丹念に仕上げた、600本限定の逸品です。

宮城県 墨廼江酒造 墨廼江すみのえ 600K 大吟醸原酒 1.8L

f:id:s06216to:20151226231410j:plain

 良い意味でがやがや、と賑やかな雰囲気のお店なので、気取らずに気軽に美味しい日本酒を楽しみたい、って時におすすめだと思う。日本酒の品揃えも結構好きだったので、これから池袋で飲もうって時には重宝しそう。ご馳走様でした。

てしごとや

住所:東京都豊島区西池袋1-33-3 岩田ビル 1F・2F

電話:03-3985-7182

営業時間:

(月~木)16:00~24:00

(金・土)16:00~翌4:00

(日・祝)16:00~23:00

定休日:年中無休

てしごとや - 池袋/居酒屋 [食べログ]

最近の記事