ウォーキングと美味しいもの

歩いた街や美味しいもののメモ

宇都宮餃子旅



スポンサーリンク

夏季休暇後半。遠くへ行く程の余裕もなく近場でどこか行きたいなと思った時に、友人からオススメされた宇都宮の餃子旅。美味い餃子と、サワー、焼酎、最高そうだ……と思って勢いで宇都宮まで。家の近所の本屋で買ったガイドブックの宇都宮餃子30選みたいなものがあり、気になるお店へ行くことにした。

 

《1日目》

池袋から宇都宮まで電車で1本で約2時間。やや遠いけれど乗り換えが無いから楽。昼に到着して、まず最初は近場でと行ったのは駅前の「宇味家」。小さめな店内。早速飲もうと、レモンサワーを頼み、餃子は最初はまず定番だと、焼餃子、水餃子を。それぞれ340円。安い。焼きはパリッと香ばしく水餃子はつるつる。タレば自分で好きなように辛味噌や酢で調整ができるのが楽しい。熱々の餃子を噛み締めて、サワーを勢いよく飲んで幸せ……。餃子はどれも想像以上に大きく食べごたえがあった。塩で食べてみても良かった。

・宇味家 宇都宮駅前店

f:id:s06216to:20170819120454j:plain

・青源 パセオ店

宇味家の後に向かったのはまた駅近くで「青源」。ネギ味噌焼餃子が有名と知り寄った。

f:id:s06216to:20170819123927j:plain

▲普通の餃子も美味い。デフォルトでオリジナルの味噌ダレがついてくるのが嬉しい。

ネギは餃子が見えないくらいに大量。ネギ好きには堪らないような盛り付け。

f:id:s06216to:20170819123939j:plain

たっぷりとネギと味噌を絡めて食べると極楽。

f:id:s06216to:20170819124457j:plain

味噌ダレはとっても美味くて甘く濃厚。餃子の後に皿に残ったネギはこのタレにつければ、それだけにつまみになる。酒がすすむ。ここでは焼酎を。

・正嗣(まさし) 宮島本店

三軒目で向かったのは、人気店だという「正嗣」。約1時間ちょい待ってお店に入れた。途中お店の方が持ち帰りなら早く用意ができると案内してくれる。ようやくお店に入れて焼餃子(210円)を。小ぶり。ほろほろと崩れるような皮。餡はさすが行列店というクオリティの高さ。用意されている辣油はしっかり辛い。お店ではご飯も飲み物も無く餃子のみという徹底ぶり。

f:id:s06216to:20170819144033j:plain

f:id:s06216to:20170819144037j:plain

水餃子はお店の人に言われた通りに皿の中にたれ、辣油、酢をたらす。美味かった。

f:id:s06216to:20170819144128j:plain

・悟空

正嗣を出た時にちょうど雨が強く、近くのセブンイレブンまで行きたいなと思ったけれど厳しく、隣にあった「悟空」へ雨宿りがてら寄った。お腹はだいぶ満足していたけれど焼酎を頼む。入ってみて、居心地の良さも今までのお店でトップだなと感じた。

f:id:s06216to:20170819145638j:plain

飲み物だけはないだろうと、とりあえずで頼んだ餃子が、美味しすぎて雨に感謝した。「肉餃子」が美味すぎる。とにかく……肉自体の旨味がすごくて個人的に今まで食べた中で一番好きな餃子。大きさも充分。お店の方の雰囲気も好きだ。特に親切にしてくれた、お店で番長と呼ばれる女性(しっかりしてそうでなおかつ非常に優しく一切怖くないから誤解しないよう)から好きだという居酒屋や餃子屋さんを教えてもらった。『ありがとねー』『前ごめんねー』、といった宇都宮らしい言葉を聞きながら食べる餃子と、焼酎が美味い。『美味しいでしょ―?』ああ……美味しい。

f:id:s06216to:20170819150313j:plain

f:id:s06216to:20170819150320j:plain

この野菜餃子も見た目が美しい。ニンニクが聞いているのが特徴だという通り、ニンニク好きとしてはもう完璧な一皿。ご馳走様でした。最後に傘まで貸してもらった。また来ます、と伝えてホテルへ。

f:id:s06216to:20170819152035j:plain

ホテルにチェックインして軽く休み夜に。 

f:id:s06216to:20170819195243j:plain

悟空の番長さんにおすすめしてもらった居酒屋さん「こはる」が近くにあったので中に入った。日中餃子をたくさん食べたのでここではさっぱりとしたものを。

・いざかやこはる

まずは鳳凰美田。この量。

f:id:s06216to:20170819200819j:plain

このお通しがまた出汁染みてて幸せ。

f:id:s06216to:20170819201133j:plain

キムチと日本酒も良い。

f:id:s06216to:20170819201542j:plain

イカ納豆。長持ちする一皿。

f:id:s06216to:20170819202030j:plain

お酒お代わりして「天鷹」。

f:id:s06216to:20170819205015j:plain

鰻の肝焼き。甘くてとろり。

f:id:s06216to:20170819204307j:plain

適度に食べて飲んだ。いかにも老舗な居酒屋といった感じが漂うところが落ち着く。良い時間を過ごせた、ということで〆にいい店が無いかなと調べてみると近くに美味しそうなラーメン屋さんを発見した。

・鶏そばヒバリ

この「鶏そばヒバリ」。ラーメンを期待して行ったら日本酒が充実していて思わず嬉しい。十四代もある。量はたっぷりではないとはいえ380円。(ラーメン屋さんで出てくる量としてはもう充分だと思う)磯自慢も380円。すごい……。

f:id:s06216to:20170819214934j:plain

そっからこの鶏白湯。超美味い。美味い日本酒軽く飲んでからの旨味濃厚な鶏白湯はずるすぎる。

f:id:s06216to:20170819215825j:plain

 

《2日目》

二日目は朝起きて昨日行った「悟空」の人からも、良いよと聞いた「大谷資料館」へ。東武宇都宮駅前からバスで約20分。ドラマや映画、色んなロケのスポットになっているらしい。最近だと「るろうに剣心京都大火編」など。まるでどこかの古代遺跡に来たのだろうかというくらいな非現実的な雰囲気を楽しめた。 

・大谷資料館

f:id:s06216to:20170820112958j:plain

f:id:s06216to:20170820113103j:plain

f:id:s06216to:20170820114553j:plain

・味一番

またバスで戻り東武宇都宮駅まで。そこからJRの宇都宮駅を目指し歩く途中で見つけた「味一番」さん。焼餃子も揚餃子もそれぞれ200円という安さ。これまで食べてきた中で一番もっちりとした弾力のある皮。

f:id:s06216to:20170820133730j:plain

特にこの揚餃子は外側がパリッとしていて噛むと中から美味い汁が溢れる。その後にもちもちとした皮の食感が楽しめる。皮の弾力重視ならここを。

f:id:s06216to:20170820133744j:plain

・悟空(再訪)

その後、ドンキホーテ下の『来らっせ』が一杯だったので昨日に続いて「悟空」へ。昨日食べれなかったスープ餃子、ジャンボ餃子を頼みつつ一番気に入った「肉餃子」ももちろん頼んだ。

f:id:s06216to:20170820144024j:plain

f:id:s06216to:20170820144239j:plain

f:id:s06216to:20170820144251j:plain

 やはり美味い。色々試し一番は、肉餃子。日曜だったせいか行列ができていて、入るまでに時間がかかった。その時に「また来てくれたの――」「ありがとうねーー」と声をかけてくれて、「昨日の夜はどこ行ったの?」「こはるいいよねーー、ヒバリも最高だよねーー」と、この近さ。最高。今回の旅が良かったのはこの悟空の皆様のおかげだと思う。いいお店。あまりにも美味しかったから実家へ冷凍餃子を注文してしまった。次、宇都宮来ても必ず行きたいお店。

・宇都宮餃子館 西口駅前中央店

宇都宮餃子旅最後に寄ったのは、「宇都宮餃子館」。悟空の人から、「宇都宮餃子館の海老餃子はぷりぷりでいいよ!」と聞いていた。日本酒は地酒の都灘を。

f:id:s06216to:20170820153211j:plain

f:id:s06216to:20170820154213j:plain

聞いていた通りぷりぷりの海老餃子。ああ美味しかった、宇都宮餃子。良い旅だった。まだまだ行ってみたいお店多いし、また餃子食べたくなったら行こう。

f:id:s06216to:20170820160922j:plain

 

最近の記事