読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォーキングと美味しいもの

歩いた街と美味しいもののメモ。

郡上八幡「吉田屋 美濃錦」の美味しいうなぎ丼。

美味しいもの 旅・歩き 岐阜


スポンサーリンク

f:id:s06216to:20150829175913j:plain

 旅行の2日目。高山を後にして、車で白川郷、それから下呂温泉を巡ったのちにこの日の宿泊先である郡上八幡へ到着した。勝手に想像していたイメージとはやや違い、とてもこじんまりとした街だったけれど、古い町並み、すぐそばに流れる吉田川、何気ない建物やお店が趣があって、すぐに好きになった。

f:id:s06216to:20150829174521j:plain

f:id:s06216to:20150829174758j:plain

f:id:s06216to:20150829174816j:plain

 郡上おどりの前に夕食をいただこうと立ち寄ったのが、「吉田屋 美濃錦 (よしだや みのきん)」。1880年創業という老舗。

献立はごらんのとおりの名水仕立てのうなぎと鮎。「さすが水のきれいな郡上八幡ならではの味」とおほめをいただければ幸いです。私は常々日本の風土が育んだものが日本人にとっては一番体にやさしく、美味しいのではないかと信じています。地元のそして国内の農業、漁業の空洞化を憂いつつ、食材は飛騨、美濃、三河。せめても国産の材料を求め、また無添加、無着色の調味材は創業以来ずっと同じ銘柄を使っております。“きれい”より“おいしい”を大切に。感性に訴える料理より本質を第一義に。130年間続いているような時代遅れのメニューですが、時代の流れから半歩遅れて歩んでいるような郡上八幡にあってはそれもまた佳し、とご笑諾いただければ幸いです。

うなぎの吉田屋美濃錦

 鰻の前にやはり郡上といったら鮎だ、ということでまずは、「鮎姿盛り」。鮎の刺身というものを初めて食べたけれど、歯応えのある食感がとても良かった。

f:id:s06216to:20150829182519j:plain

 そしてうなぎ丼。外側はパリっとしつつも、中はふっくら。適度に甘いタレが食欲をそそる。鰻は三河一色産の鰻とのことだ。ご飯の量もちょうど良く、さらっと食べきれるこのうなぎ丼は、これから踊りに行こう、って時にはぴったりだと感じた。

f:id:s06216to:20150829183543j:plain

吉田屋 美濃錦

住所:岐阜県郡上市八幡町殿町160 郡上八幡の宿 吉田屋

電話:0575-67-0001

営業時間:11:00~14:00、16:00~20:00

定休日:不定休

吉田屋 美濃錦 (よしだや みのきん) - 郡上八幡/うなぎ [食べログ]

最近の記事