ウォーキングと美味しいもの

歩いた街やそこで見つけた美味しいものやお酒のメモ

神楽坂から大手町まで歩いた



スポンサーリンク

 夕方から東京駅前で用事があったので、周辺(30分くらいは歩きたかったから周辺っていっても近すぎない場所)で美味しいもの食べようと思い、何を食べようかと考えた。あ、久しぶりに虎ノ門にあるMANDAPのチーズナンいいかも、と思ったので、まずは家を出て不動前の駅へ。駅について、そういうチーズナン気分で電車を待っている間にTwitterをざっくり見ていたら、ちょうど、

 

 

 と、こんなメッセージをいただいた。以前から好きで読んでいる「これからゆっくり考L」のさかきさんが書いててすごく気になり、絶対行こうと思っていたスープカレーのお店。(ちなみに今日公開された、さかきさんのこの記事も、日本酒好きには堪らない・・。)チーズナンも捨てがたいが、こんないいタイミングで連絡もらったなら何かの縁と思い行かねば・・ということですぐ目的地を虎ノ門から神楽坂へ変更した。飯田橋に着いて調べると、お店は神楽坂を登っていき、毘沙門天を通り過ぎ、「神楽坂上」の交差点で左に曲がりまっすぐ進んだところにあるらしい。あっ、以前、

suumo.jp

 この記事でも書いた「キイトス茶房」のすぐ前だ。お店に入ると、店員の方がとても丁寧に注文の仕方を説明してくれた。注文の仕方の自由度が高い分、迷ったけれどまずはやはりおすすめという「チキンと一日分の野菜20品目」にして、スープはレギュラー、辛さは4、ライスは180gのMに。チキンは笑顔が素敵な店員の方が《私はこっちが好きです!》、と言っていた「パリパリ」で。

f:id:s06216to:20160317120707j:plain

 トッピングは「本日のオススメトッピング」に書かれていた「焦がしチーズ&手ごねラムハンバーグ」。

f:id:s06216to:20160317120737j:plain

 少し待って席に運ばれてきたスープカレー。特徴的なのが大きな野菜がたっぷりと、ごろごろと入っているところ。スープはトマトの風味が感じられる思った以上にさっぱりしたもの。美味しい。そして、スープ以上にこれでもかと存在感を発揮している野菜がそれぞれ全て美味い。大根、かぶはびっくりするくらい瑞々しく、じゃがいもは香ばしさが良い。固めの歯応えが楽しい豆に、茄子、カボチャ、玉葱はすごく甘い。(カボチャは贅沢に3枚も入っていた。)こんだけ美味い野菜は久しぶりに食べたかも。

 それから肉。しっかりと練られたラムハンバーグはラム好きなら是非頼み食べたい美味さ。弾力のある食感とともに、ラムの香りが口の中にじわじわ広がっていく。とろとろにとろけてよく伸びる焦がしチーズも最高。「チキン」は文句の無いおいしさとボリューム。ライスを頼んでいないお客さんもいたけれど、確かにそれもあり、というか自分も次は無しで良いかなというくらいな野菜、肉の贅沢な量だった。神楽坂でこんな美味いスープカレーを食べられるなんて。これから何度もお世話になりそうだ。

f:id:s06216to:20160317121437j:plain

f:id:s06216to:20160317121417j:plain

 さて、やや食べ過ぎたかなあ、と感じながらも、「ここから歩いて東京駅まで歩けば、まあいいか」、ということで歩き始めた。神楽坂→東京(大手町)ってのは、神楽坂に住んでいた時の懐かしい通勤ルート。飯田橋のラムラの前を通りすぎて、まずは九段下に向かってまっすぐ歩いく。ただまっすぐ歩けばいいだけだから方向音痴な自分でも迷うことも無いのがありがたい。

f:id:s06216to:20160317130637j:plain

f:id:s06216to:20160317130901j:plain

f:id:s06216to:20160317131317j:plain

 九段下に到着。

f:id:s06216to:20160317131845j:plain

 千代田区役所を通りすぎて、その先の竹橋からはひたすら皇居の周りを歩いていく。

f:id:s06216to:20160317132443j:plain

f:id:s06216to:20160317132728j:plain

f:id:s06216to:20160317132940j:plain

f:id:s06216to:20160317133031j:plain

f:id:s06216to:20160317133213j:plain

f:id:s06216to:20160317133246j:plain

f:id:s06216to:20160317133454j:plain

f:id:s06216to:20160317133635j:plain

f:id:s06216to:20160317133843j:plain

f:id:s06216to:20160317134020j:plain

 ここをまっすぐ進めば前働いていた大手町のオフィスビルまであと少し。ただ、今日の目的はそこじゃなくて「パレスホテル」。はせがわ酒店の方から、今年の「DATE SEVEN」を入荷したという連絡をいただき、取り置きをしてもらった分を取りに。

f:id:s06216to:20160317134212j:plain

 「伯楽星」で知られる新沢醸造店(宮城県大崎市)の川崎蔵(宮城県川崎町)で、2年目の新銘柄「DATE SEVEN(伊達セブン)」の酒造りが始まった。 県内七つの蔵元が毎年共同で造る酒だ。持ち回りでリーダー蔵を務め、麹(こうじ)造り、酒母造り、もろみ管理、搾りなども分業する。 デビューした昨年のリーダー蔵は、山和酒造店(宮城県加美町)だった。県産の酒造好適米「蔵の華」を使って出来上がった純米大吟醸酒を、セブンの名にちなんで7月7日に発売。一升瓶2000本、四合瓶4000本はたちまち完売した。 山和酒造店の伊藤大祐専務(36)からバトンを受け取った新沢醸造店の新沢巌夫社長(40)は、笑みを浮かべた。「失敗を恐れずに挑戦できるのが伊達セブンの良さ。予想を裏切る酒にしたい」 2年目のセブンは7月9、10の両日、仙台市内でお披露目される。 老舗の酒蔵は門外不出の技を伝承し、手の内を明かすことなどこれまではあり得なかった。世代交代で向上心と遊び心を持つ蔵元や後継者が現れ、画期的な試みが実現した。

<みやぎ日本酒事情>持ち回り 新銘柄仕込む | 河北新報オンラインニュース

f:id:s06216to:20160317193859j:plain

 今年は自分が好きな「伯楽星」の新沢醸造店がリーダー蔵を務めた「DATE SEVEN」らしい。去年と較べてどういう感じになっているのだろう、これから飲むのが楽しみだ。

walking-gourmet.hateblo.jp

Rojiura Curry SAMURAI. 神楽坂店

住所:東京都新宿区箪笥町27 吉田ビル 1F

電話:03-3266-7062

営業時間:11:30~15:00 17:30~22:00(L.O)

定休日:無休

Rojiura Curry SAMURAI. 神楽坂店 (Rojiura Curry SAMURAI.) - 牛込神楽坂/スープカレー [食べログ]

最近の記事